FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集 > FXを勉強するならネットだけじゃなく本で!!

FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集

FXを勉強するならネットだけじゃなく本で!!

FXを勉強するには、いろんな方法がありますよね。すぐに思いつくのは「ネットで検索」、「本で勉強」、「メルマガを購読」、「情報商材の購入」、「いきなりデモトレード」などなど、今の時代、情報があふれていますので、勉強方法もさまざまです。

(これらの中で「本で勉強」以外は、どれもインターネットを利用しているところも、ネットの力のすごさを感じます。)


確かに、FXに出てくる専門用語や指標などの意味はネットで調べたほうが効率的ですし、デモトレードはネットじゃないとできません。ですが、ネット上にはFXに関する膨大な量のトレード方法、自身が行ったトレード結果などの情報があふれかえっていて、「なるほど!」というものもありますが、中には「これはちょっと・・・」という情報もあります。


特に初心者の方には、これらの不要な情報にフィルターをかけるという意味も含めて、本で勉強することをおすすめします。


本には、どの本をとっても著者が本当に経験している「有効な手法」や「有益な情報」が載っています。ネットとは違い、無責任情報はない(と思います)ので、いくつか参考にしてみるのはいかがでしょうか。


とりあえず「FXをやってみよう!」という人は…


本屋さんの投資や金融のコーナーに行くと、株やFX、投資信託といった投資関係の本がずらりと並んでいます。この時点で「どれを買えば・・・?」となってしまうのも無理はありませんし、私もそうでした。


とりあえず「FXをやってみよう!」とか「FXをやってみたい!」という場合は入門書ですね。


例えば、「知識ゼロからの外貨投資入門」や「マンガFX入門」といった簡単そうなものを1冊読んでみると、FXによく登場する単語も理解できるようになりますし、為替市場の大まかな仕組みは理解できます。また、実際のトレードの考え方や例なども簡単に掲載されているので、入門書的なものや読みやすいマンガは勉強になります


少額資金でスタートするための参考になるのは…


すると、実際にトレードしたくなりますよね。「いきなり大きい金額で大儲け!」ということはまずありません。


そこで、少額資金でスタートするための参考となるのが「1万円ではじめるFX講座」や「5万円から始める外貨信用取引 FX外国為替保証金取引「超」入門」といった「○万円から始める〜」という本です。


こういった本には、具体的に少額資金でどのように始めるかとか、どこの証券会社が少額資金に向いているかなどの解説も掲載されていますので、参考になります。ただし、入門書的な要素も多く含まれていますので、入門書と内容がダブってしまうことはしかたないのかもしれません。


指標やチャートを勉強したい人は…


そして、実際にトレードを始めると、指標やチャートをさらに勉強したくなります


そんなときは、「これからはじめる人のためのFX練習帳」や「一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳」といったチャートをもとにした考え方を勉強したり、予測の練習ができる「練習帳」という本もおすすめです。


これも入門書と解説内容が同じ部分もありますが、実際のチャートを用いた解説や練習問題が掲載されていますので「なるほど!」という部分が多々あります(実際に練習にもなりますしね)。


現実的には、パソコンに向き合える時間(FXに何時間費やせるか)によってトレード方法も変わってくると思います。例えば、「スキャルピング」や「デイトレード」といった短期勝負のものから「システムトレード」といった自動売買システムを使ってといったものまでジャンルは、いろいろとあります。


また、分析系の本も多数ありますので、自分に合った、自分にできるトレード方法の本で学習するとさらに精度は上がってくるのではないでしょうか。


FX本の選び方


ここでネットが登場するのですが、迷った時はネットで「FX 本」などで検索すると多くの書籍が出てきますし、「分析」「投資術」「チャート」など好みのキーワードをプラスすれば、絞り込んでいけますので、ネットで本を検索して本屋でさらっと立ち読みし、気にいれば購入が私のパターンです。


ネットだけでも十分に勉強はできますが、サイト制作者の個人的な主観や、ただの自慢話に見えるサイトも多々あります。また、情報量やサイトの量が多すぎて目的のものを探しきれないこともしばしばあります。


ですが、本であれば、まず本のタイトルで、どのような本なのかは想像できますし、本に描かれたグラフや図の上に描かれたラインと解説、その考え方や実践的な例など、やはり本という形にしている分、有料ではありますが勉強するには必要不可欠なような気がします(最近ではCDやDVDがついていて解説してくれるものもありますしね)。


あとは、本当の勉強という意味では実践ですね。デモだと、どうしてもゲーム感覚になってしまいます。お金が動いてこそ本気にもなりますし、「勝つためにはどうすれば」を真剣に考えるようになります。自分に合ったスタイルやトレード方法を見つけることは、ものすごく難しいことですので、日々勉強・・・ですね!


※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。