FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集 > FX書籍・雑記の中で厳選!とりあえず読んでおきたいFX書4選

FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集

FX書籍・雑記の中で厳選!とりあえず読んでおきたいFX書4選

FX関連の書籍・雑誌を読んだ事はありますか"
もし、FXで安定的に利益を上げたいと思うのなら、ネットだけでなく書籍・雑誌からも絶対に情報を得るべきです。


為替市場は一分、一秒という短い時間で目まぐるしく変動します。そのため、どうしても情報は即時性の高いネットの情報中心になっていします。しかし、目先の情報だけで本当に収益を積み上げていくことはできるのでしょうか"


目先の利益だけを求めていては継続・安定的な収益を得ることはできません。目先ではなく、もっと長期的視点があってはじめて継続的に利益を得る事ができるのです。その視点や考え方を手にいれるためにも、FXに関する書籍・雑誌を読む必要があります。


書籍や雑誌は情報鮮度が高くありませんが、それゆえ、長期的な目線で記事が作られているものが多いです。それらの情報はネットに溢れている瞬間的な情報とは性質の異なるものです。つまり、速度の異なる情報を組み合わせて活用することがFXで長期的に利益を得る近道となるのです。


今回は特に役に立つ書籍や雑誌を紹介します。

これらの本に書かれている内容は必ずFXで投資をする上で役立つので、是非チェックしてみてください。

FXストラテジー・プラス

イギリスの国際金融専門誌「EUROMONEY」 の日本語版「J-MONEY 」を発行しているメディアサーブ・ジャパンによる個人投資家向けのFX雑誌です。「EUROMONEY」の内容は一般に販売されている金融専門誌の中では高度な情報を扱っていますが、その専門性の高さには定評があります。


そんな「EUROMONEY」の日本語版「J-MONEY」を発行しているメディアサーブ・ジャパンの雑誌だけあり、著名な投資家やストラテジストによる相場の見通しやトレンド分析などの専門的な記事がメインとなっています。


そのため、FXストラテジー・プラスも個人投資家向けの雑誌とはいえ、内容はかなり高度のため、理解するにはそれ相応の知識と経験が必要です。したがって、FXの初心者や為替や投資に対しての基本的な知識がない方にはあまり向いている雑誌ではありません。


また、季刊誌となっているため情報の鮮度という点でもやや見劣りがします。しかし、有名ストラテジストや為替ディーラーが相場をどのように考えているのかを知る上では最良の情報源でもあります。


FX会社でもアナリストやストラテジストの情報を無料・有料問わず提供している所は数多くありますが、その内容には疑問がつくものも多くありません。無名のアナリストが注目を集めるために大胆な予想をしたり、所属している会社等の都合で見通しを発表しているディーラーも多くいます。


FXストラテジー・プラスに掲載されているアナリストやディーラーはそうした都合とは関係なく、その道のプロとして質の高い情報を提供していますので、内容が理解できればかなりのプラスになります。


前述した通り、専門性の高い内容となっていますので、初心者にはお薦めできませんが、為替や投資の知識が豊富な上級者や、より高いレベルを目指している中級者の方には是非お薦めしたい一冊です。


月刊 Fx攻略.com


月刊 Fx攻略.comは日本で唯一のFX専門月刊誌です。経済誌や金融専門誌にもFXの誌面があったり、ムック形式のFXに関する本が雑誌コーナーに並ぶことはありますが、専門の月刊誌としては本書のみです


専門誌なので情報量も多く、また月刊誌のためその時々のトレンドを抑えた記事が特徴です。中でも一番のポイントとしては読者のメインターゲットをFXの初心者にしている点です。初心者をターゲットとしているため、専門的な内容の記事についても初心者の読者が分かりやすいような記事作りが行われています。


前述した Fxストラテジー・プラスでは余計な説明はあまりないのが特徴ですが、月刊FX攻略.comは初心をターゲットにしているので細かな点も詳しく解説が行われています。


また、内容についても専門誌のため所謂「入門用」と言われるようなFXの概要や仕組みについての簡単な説明ではく、投資手法や相場の見方等の濃密な内容となっています。そのような内容の濃い情報が月毎に掲載されているため、毎月読むだけでFXに関する知識がかなりつきます。


他にも例えば、過去の特集として確定申告のやり方について取り上げるなど、「投資」だけではなく、「個人投資家」に向けたバラエティに富んだ記事が数多くあります。このような点も月刊誌として毎月、飽きがこないように工夫されています。


前述の FXストラテジー・プラスは初心者向けの内容ではありませんが、月刊 FX攻略.comは初心者から上級者まで知識や経験を問わずFXに興味のある投資家全員にお薦めできる雑誌です。


一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」シリーズ


上記では雑誌について説明を行いましたが、次はお薦めの書籍を紹介いたします。その書籍は「一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門 」です。本書は投資専門誌で有名なザイが運営しているFX関連サイト「ザイ!FX」編集部による書籍です


内容はFX会社の選び方から実際の取引時の損切りの仕方についてなど、FXを始める人が実際に取引を行うまでについて主要な内容を全て網羅しています。


また、説明についても専門誌の編集部が作成に携わっているだけあり、FX初心者の方でも簡単に理解できるよう丁寧な作りとなっています。口座を開き、初めて投資をする際にこの本を横に置いておけば困ることはないと思えるくらいの本です


しかし、初心者がゼロから投資を実際に行うまでの全てを網羅しているため、専門用語などについて詳細な説明がない場合も多くあります。そのため、分からない用語などについては自分で調べる必要があります


この点についてはマイナスポイントですが、全てに詳細な説明を行うと逆に読み辛くなったり、内容が膨大すぎて読む気もおきなくなってしまうのも事実です。FXで投資を行うために必要な事を全て最低限の内容で作成した本、このような形容が当てはまり一冊です。


また、このFX入門の他にも「一番売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門」や「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った FXのチャートがみるみるわかる本」などFXについての様々なアプローチについてザイから書籍が出ています


本書と同様に専門雑誌のスタッフによる分かりやすい、丁寧な説明が特徴ですので、この入門編で知識を得た後は興味のある分野を学んでみてはいかがでしょうか。
それぞれの分野の入門書としては最適の一冊といえます


岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則-なかなか勝てない人のための急所ガイド


最後にお薦めする書籍は「岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則-なかなか勝てない人のための急所ガイド」です。FXに関する本は数多くあり、内容も初心者向けに基本的な仕組みについての解説から中上級者向けの投資手法についての解説など多岐に渡ります。


そうした本に書かれている事を知識として持つことも大事ですが、いくら知識を勉強しても利益を中々出せない方にお薦めの一冊です。


本書では47の法則として簡潔に、分かりやすく稼ぐためのルールを紹介しています。47と聞いて多いと感じるか、少ないと感じるかは人それぞれかもしれません。しかし、あえて断言すれば本書に載っている47が多すぎず、少なすぎないベストの数だと言えます


多すぎても実践できなければ意味がなく、少なすぎても利益が上がらなければ意味がありません。本書に掲載されている内容は無理せず実践できる範囲で利益を上げていく方法が法則として載っています。まずはこの47の法則を実践する、それがFXで利益を上げるための最善の方法だと思います。


また、急所ガイドとタイトルがついてるだけあり、実際に自分が行っている投資手法についての点検と併せて、様々な局面に対応するトレード手法を確認することができます。


色々と本を読んで知識は得たけれど、活用できていない方や、FXの投資暦は長いけれど中々安定して利益を出す事ができないといった少し行き詰った中級者の方に是非、手にとって頂きたい1冊です