FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集 > バイナリーオプションで勝率60%でも儲からないワケとは

FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集

バイナリーオプションで勝率60%でも儲からないワケとは

バイナリーオプションは仕組みがとても簡単なので、初心者にもハードルが低い資産運用方法です。しかし、「仕組みが簡単=儲けるのも簡単」とはなりません。

あえて言うなら、「仕組みが簡単なので、投資のための判断が比較的簡単」というところでしょうか。

結局はFXと同じ資産運用ですから、利益を出すのはそう簡単ではありません。

そこで今回は、「バイナリーオプションで、どの程度の勝率で利益が出せるのか」について考えてみたいと思います。

みなさんは、「利益が出せる勝率」はいくらくらいだと思いますか?

怖がらせてしまうかもしれませんが、「上がるか下がるかの2択なので50%を超えていればいいのかな?」と変な誤解をして、「簡単に儲かるかも」と思ってしまいがちなのがバイナリーオプションの落とし穴です。

実は、勝率が60%あってもなかなか儲からないのがバイナリーオプションなのです。

それでは早速、どうして勝率60%でも儲からないのか、どの程度の勝率であればもうかる可能性が高いのかについて説明していきましょう。

手数料ゼロの裏に隠されていることとは?

バイナリーオプションは「手数料ゼロ」が基本です。

しかし、「手数料ゼロ」という言葉に、多くの投資家が惑わされています。実は、投資家は手数料に相当するものをちゃんと業者に支払っているのです。

みなさんは、競馬の控除率のことをご存知でしょうか。賭けられた総額から控除率と呼ばれる一定の割合を運営側の収益として差し引きし、残りを配当とするというものです。

バイナリーオプションの基本的な仕組みは、これと同じようになっています。

バイナリーオプションで当たった場合の当選倍率をペイアウト倍率といいます。

「上がる」が1,000円、「下がる」が1,000円買われていると仮定して、このペイアウト倍率の平均が1.8倍だとすると、当たったときの配当は1,800円になります。

1,000+1,000−1,800=200円が残ります。200÷2,000=0.1ですので、控除率は10%という計算になります。この総購入額の10%が、業者の収入となるわけです。

(実際の取引では、「上がる」「下がる」ともに同額購入されていることはまずありませんが、何度も繰り返されると理論上は同額に近づいていくはずなので、このような例としました)

ちなみに、平均ペイアウト倍率が2倍を超えると業者は赤字になってしまいますので、平均ペイアウト倍率が2倍になることはあり得ません。

投資であるバイナリーオプションとギャンブルである競馬を同列に並べて話をするのはどうかと思いますが、仕組みについて言えば同じことなのです。

このような仕組みで、何も考えずに適当に予想した場合の理論上の当選率50%であった場合、果たして利益は出るのでしょうか。

2、3回だけの取引で考えず、何百回何千回と取引を繰り返したとして考えてみましょう。

平均ペイアウト倍率が2倍を超えることはないはずなので、控除率=実質上の手数料分だけ資金が減っていくということになります。

というわけで、勝率がいくらになれば利益が出せるのかシミュレーションしてみましょう。

勝率別、損益シミュレーションをしてみました

それでは、どの程度の勝率であれば利益が出るようになるのでしょうか。1回1,000円で100回購入したとして、具体的な利益額についても計算してみましょう。

(なお、業者によって平均ペイアウト倍率は異なりますが、ここでは1.8倍と仮定してシミュレーションします。また、平均ペイアウト倍率が高いと、それだけ利益を出しやすくなります

まず、勝率50%であればどうなるでしょうか。

購入総額は100×1,000=100,000円です。当選回数は50回で平均当選額は1,000×1.8=1,800円なので、当選総額は50×1,800=90,000円となります。

結果は10,000円の赤字で損益率は-10%です。

次に、50%では利益が出ないのなら、60%までいけば利益が出るのではないか、ということで勝率60%のシミュレーションをしてみましょう。

購入金額は同じく100,000円。当選回数は60回に増えるので、当選総額は60×1,800=108,000円です。

これなら利益が出ますね。
しかし、計算通りには儲からないのです!どうしてでしょうか?

目指す勝率は70%!

勝率60%なら理論上は利益が出るはずなのですが、実際にはじめてみると、計算通りには利益が出にくいのが現実です。

その理由の1つが、実際のペイアウト倍率です。

先ほどのシミュレーションでは、ペイアウト倍率を平均した値として1.8倍を元に計算しました。しかし、実際のペイアウト倍率は、参加している投資家の予想に基づいて変動します

例えば、ほとんどの人が「上がる」と予想しているような予想しやすい場合では、ペイアウト倍率が下がってしまい1.7倍になったりすることもあるのです。

ですから、当選するときが予想しやすいときばかりであれば、その分だけ利益が減ってしまいます。

もう1つは精神的な理由があります。

受験生時代を思い出してみてください。

「合格点を目指さないで、ラクラク合格できるラインを目指しなさい」というようなことを言われたことはありませんか?

これは本番になると実力をフルに発揮するのが難しいから言われることですが、投資の世界でも同じことなのです。

勝率60%を目指しているのでは、勝率55%くらいまでしか結果を出せないものなのです。

というわけで、勝率60%では心もとないです。少しハードルを高めに設定することになりますが、目標とする勝率は70%とするのがいいのではないでしょうか。

ちなみに、勝率を上げるための例は、「バイナリーオプションの賢い購入タイミングはいつ」というテーマで書いた記事がありますので、参考にしてみてください。

勝率70%が現実のものとなるよう努力しましょう

みなさんに最後のアドバイスをしておこうと思います。

目標70%のところが、勝率67%だったとします。是非ともみなさんには、これで満足しないでもらいたいと思います。

投資の世界は非常に厳しいです。ちょっとしたことで一気に損失が大きくなってしまうこともあるのです。

ひとりで何百億円という巨額の資金を運用しているプロのトレーダーでも足元をすくわれてしまう世界であるため、投資家は日々研究をして、少しでも多くの利益を上げられるよう努力しています。

「目標通りの数値を出すのは難しいから」と満足している人は、いずれ、ほとんどが勝ち組から負け組に転落していきます。

あなたもそうなってしまわないよう、目標を達成できるよう、日々の努力を怠らないようにして下さい。

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。