FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集 > 「買って、売る」だけではない。「売って、買う」こともできるFX

FXの基礎知識を身につけるための耳より情報&質問集

「買って、売る」だけではない。「売って、買う」こともできるFX

資産運用の初心者は、株でもFXでも「買って、売るのが当たり前」という先入観にとらわれている人が多いようです。

具体的に言えば、「私たちは日本円を持っているので、(日本円で)ドルを買い、それを売って取引するのが当たり前」だと思っているということです。

しかし、FXは「持ってもいないドルを売って、それを買い戻す」こともできる取引なのです。

今回は、どうして売りから始めることができるのかFXの仕組みについて触れながら、解説していこうと思います。


あなたが入金したお金は取引には使わない!?

「どうして売りから始められるのか?」
このことを理解するためには、FX取引の仕組みについて理解しなければなりません。

FXは、「証拠金取引」という方法で取引されています。
実際、FXは「外国為替証拠金取引」の略称です。

証拠金取引とは、投資家が取引業者に「担保としてお金を預け」、そのお金に応じた金額の取引をすることができるというものです。

この担保として預けたお金を「証拠金」と呼ぶのですが、極端に言ってしまえば、FXは「証拠金で取引をするのではない」のです。


FXは差金決済で取引される証拠金取引

それでは、どのようにして取引を行うのでしょう。

実は、FXでは「差金決済」という取引方法がとられています。

はじめに、1$=100円で、10,000ドル買ったとします。
差金決済では、いずれ10,000ドルを売る「反対売買」をしなければなりません。
そこで、1$=102円で売却しました。

この場合、
購入金額は、100円×10,000ドル=100万円
売却金額は、102円×10,000ドル=102万円
となり、

売却金額から購入金額を差し引いた利益は、
102万円-100万円=2万円
となります。

そして、反対売買をした結果生じた損益額が、あなたの証拠金に加減されます。

あなたが預けている証拠金が10万円だったのであれば、
利益の2万円分増えて、
証拠金が12万円に増えます。

逆に、残念ながら1万円の損失を出してしまったら、
証拠金が1万円減るのです。

これが差金決済による証拠金取引の仕組みです。


どうして「売りから始められるのか」?

このように、証拠金取引では、売買に対しての代金支払はありません。

あくまで、反対売買の結果としての利益や損失(差金)を証拠金の残高から差し引き(決済)するだけです。

だから、差し入れている証拠金の残高に応じた金額に相当する分だけ、どんな通貨でも取引することができるのです。

どれだけの取引ができるかは、レバレッジで決まります。レバレッジが10倍であれば、証拠金の10倍相当の取引が可能です。

証拠金を100万円差し入れているのであれば、
100万円×10=1,000万円ですから、
1,000万円相当の取引ができるということです。

1$=100円であれば、1,000万円=10万ドルなので、
10万ドルを買うこともできるし、
10万ドルを売ることもできます。

それでは次に、このような特徴を持つFXでは、どのように取引すると利益が出せるのかを簡単に説明しましょう。


円高になると予想するなら?

日本で最も多く取引されている、ドル円を例に、どのような取引をすればいいのかをお話しします。

これから円高方向に進みそうだと思ったら、ドル売りから入りましょう。

1$=100円で10,000ドル売り、
1$=98円で10,000ドルを買い戻しました。

この場合、
購入金額は、98円×10,000ドル=98万円
売却金額は、100円×10,000ドル=100万円
となり、利益は2万円です。

円安になると予想するなら?

逆に、円安になりそうだと思ったら、ドル買いから入りましょう。

はじめに書いた例と同じように、
1$=100円で10,000ドル買い、
1$=102円で10,000ドル売りました。

この場合、利益は2万円になります。

相場がどちらに動いても利益が出せる。それがFXです

買って売ることも、売って買うこともできるというFXの仕組みを理解してもらえたでしょうか。このように、円高、円安どちらに動く時でも利益を出すことができるのがFXです。

株式投資(信用取引を除く)のように、「下がりそうだから買えない」ということはなく、どんな時でも利益を出すチャンスがあるのです。

もちろん、失敗すれば損をするということでもありますが、いつでも取引チャンスがあるのはFXならではの特徴と言えるでしょう。

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。