FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 龍馬のFX投資家診断やるぜよ > アンサーNo.8◆大久保利通(おおくぼとしみち)タイプ◆

龍馬のFX投資家診断やるぜよ

アンサーNo.8◆大久保利通(おおくぼとしみち)タイプ◆

■大久保利通タイプの特徴

幕末に「王政復古のクーデター」を起こし、明治維新後には「廃藩置県(今の都道府県制度の基礎となる制度)」を作り上げ、内閣に参入した後はイギリスをモデルとした「立憲君主制」を目指した大久保利通。今の日本の基礎となる仕組みを追求し、まさに「歴史の王道を突き進んだ人物」と言えるでしょう。

日本を富国にするべく、積極的に海外の仕組みを取り入れたのですが、ついにその理想を完結させることなく、明治11年に暗殺されたんですね…(泣)


■大久保利通タイプの長所

「米ドル/日本円」の取引は、まさに「FXの王道」と言える通貨ペアであり、FX初心者の方であれば、「まずはここから始めるべきペア」と言えるかもしれませんね。

中には、いきなり「ポンド/日本円」のような大きな利益が狙えるペアを建てる人もいますが、まだ的確な相場判断が出来ないうちは、分析がしやすく、日本人にとって馴染みのある「米ドル」での取引がオススメです。したがって、あなたが行っている取引は、まさに「FXの王道」であり、あなたが選んだ道に間違いはないと言えるでしょう。


■大久保利通タイプの短所

米ドルは、日本人にとって分析のしやすい通貨でありながら、世界の基軸通貨としての「様々な変動要因」があります。「分析しやすい」という言葉に甘えて、変動要因を勉強しないのなら、「思わぬ落とし穴」にハマってしまうかもしれません。

そこで、まずはアメリカの中央銀行に当たる「FRB(連邦準備制度理事会)」の動向をチェックしておきましょう。また、「マネーパートナーズ」が提供している「経済カレンダー(http://www.moneypartners.co.jp/market/schdule.html)」などで、アメリカ発の経済指標のチェックも怠らないようにしてくださいね。


■こんなことをしてみよう!

米ドルは、日本円だけでなく、「ユーロ」や「ポンド」とも活発に取引されています。まずは「米ドル/日本円」の取引だけで構わないのですが、いつの日か、「米ドル/ユーロ」など、「幅広い米ドルの取引」が出来るようになることを視野に入れておきましょう。