FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 龍馬のFX投資家診断やるぜよ > アンサーNo.2◆近藤勇(こんどういさみ)タイプ◆

龍馬のFX投資家診断やるぜよ

アンサーNo.2◆近藤勇(こんどういさみ)タイプ◆

■近藤勇タイプの特徴

京の町の治安を守り、晩年は幕臣として仕えた新撰組の局長である近藤勇は、結婚にまつわるエピソードが有名ですね。何人もの美女とお見合いを重ねながらも、最終的に選んだのは、美人とは言い難い「松井つね」だったのです。

「美人は貞操を欠くのが一般的であるが、醜女は見た目が他人より劣っていることを知っている。だからこそ、人一倍努力し、人間としての中身が素晴らしいのだ」という言葉を残している通り、人は「見た目」ではなく、「中身」こそ大切であると考えていたのです。いやぁ〜素晴らしい!


■近藤勇タイプの長所

「見た目ではなく中身」を重視する人には、FXの世界において「見た目に惑わされることなく、根拠を持った判断が出来る」という才能があります。

「勘頼り」の判断ではなく、「○○の状況だから、△△の決断が最良だ!」のように、的確な判断はFXにおいても大きく役立つでしょう。感情に左右されることなく、その時その時の「根拠を見出す力」は、FX攻略には欠かせないものです。それを持っているあなたは、中級者の仲間入りも近いと思いますよ。


■近藤勇タイプの短所

近藤勇対応の短所と言えば、「少し詰めが甘い」ということになります。本人も最後には斬首刑になりましたしね。順調に進んでいる時は問題ないのですが、一度、歯車が狂いだしたなら、全力で修正するようにしておきましょう。

間違っても、「そのまま突き進む」ということは止めてくださいね。相場判断が間違ったならば、すぐに「損切り」をして「反対のポジション」を建てるなどの対処を行うようにしておきましょう。


■こんなことをしてみよう!

前述のように、「そのまま突き進む」という行動を行うと、最終的には「ロスカット」という結果が待ち受けています。したがって、ロスカット率を高め(80%程度)に設定したり、「マージンコール」の設定などをしておきましょう。

リスクに対して、「アラーム(警告)」が用意されているなら、傷口が小さいうちの対処も可能になりますしね。