FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > ひまわり証券&サザインベストメント&FXブロードネット > 独自のFXの情報!! だけど…ひまわり証券

ひまわり証券&サザインベストメント&FXブロードネット

独自のFXの情報!! だけど…ひまわり証券

ひまわり証券に関する評価でよく耳にするのは、主に「情報サービスがよい」と、「すべらない」の2点です。

情報収集に向いているということで口座を開設してみましたが、確かに充実しています。特に分析ツールと分析レポートがすばらしいです。同じく情報力に定評がある外為どっとコムやFXプライム byGMOと一緒に使えば、情報においては死角なしです。

使える情報はコレだ!
特に私がおススメするひまわり証券の独自情報はコレです。

・山本和雄さんのタクティクスレポート

山本和雄さんという元為替ディーラーによる戦略レポートです。実際の取引の戦略と成果を見ることができます。

単にどの通貨ペアがおススメ、といった内容ではなく、彼自身がユーロ/ポンドをどのタイミングでいくら、どの注文方法で買って、いくらになったら売る予定で、今含み益いくら、というように戦略・結果を公開しており、で非常に具体的です。相場の状態だけでなく、戦略の立て方も参考になります。


・ファンダメンタル図マップ

チャートを見ている時、「あれ?どうしてこのタイミングでこんなに動いたんだろう?」と感じたことはありませんか?ファンダメンタル図マップでは、チャート上をクリックするとその時間に配信されたニュースや経済指標が表示されます。

つまり、相場が動いたきっかけを追うことができるのです。これで「ああこの指標が下がった時はこういう動きをするのだな」ということを把握することができます。


・シグナルマップ

売買シグナルの一覧です。6つのテクニカル指標を使って売り時・買い時を分析して表示してくれます。5分足分析、1時間足分析、日足分析、週足分析があり、なんと5分ごとに更新されます。

ただその通貨ペアが好調か不調かを表示するのではなく、現在のポジションと比較して損益がどのくらいあるかも表示してくれるのがすごくいいです。

この他もさまざまな情報が提供されていますが、特に優れているのは分析に必要なデータやツールだと思います。活用方法はいろいろあると思います。全部使わないといけないわけではないですしね。


私の場合、

ディーラーズ・ヴォイス
グローバルインフォ24
ダウ・ジョーンズ

で国内外の政治・経済の状況を把握し、

ファンダメンタル図マップ

でその日までの為替の動きの理由をニュースや経済指標から確認、

経済指標予想&結果

で今後の注目指標をチェックして、

シグナルマップ

でテクニカル分析をして売買タイミングを考えます。


週末や時間のとれる日などに、「山岡和雅の今週のタクティクス」や「GPモーニングストラテジー」でFXの見聞を深めます(おおげさ?)。


このように、ひまわり証券にはしっかり投資戦略を練るためのデータやツールがたくさん用意されています。


約定率100%! でも約定力が弱い・・・?

ひまわり証券は「すべらない」FX業者として知られています。約定拒否はなく、スリップページも発生しない、約定率100%の実績を公表しています。

じゃあ約定力があるのかと言えば、私はそうではないと思います。というのは、スプレッドがすぐ開くのです!


確かに約定はするんだけど、スプレッドが何倍にもなって「約定力がある」とはちょっと言えないですよね。

アメリカ雇用統計の時なんて10〜30銭も広がったことがあるんですよ。スプレッドは狭いけどなかなか約定しない業者と、どちらがマシでしょうか。


そのためか、ひまわり証券を「情報口座」として使っている人が多いのだそうです。でも、よく考えたらこれって使う側にも使われる側にもあまり良い状態ではないですよね。


情報収集から取引までオールインワンでできるに越したことはありませんし、業者の方から見ても、お金をかけて作ったレポートを読んだ顧客が他社に手数料を払って取引しているのって、何だか複雑ですよね。

情報力に優れたFX業者は、「情報専用口座」なんて呼ばれないよう、取引環境についても力を入れて欲しいと思います。

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。