FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > マネーパートナーズ&フォーランドオンライン > 利用者が語る!!マネーパートナーズの口コミ集

マネーパートナーズ&フォーランドオンライン

利用者が語る!!マネーパートナーズの口コミ集

今回は、マネーパートナーズの利用者の口コミから、マネパのメリット・デメリットについて検証していきたいと思います。



サーバーが強い


マネーパートナーズのサーバーはいつも安定しています。数年使っていますが、システムダウンなどのトラブルはありませんでした。データの更新もスムーズです。世界最強と言われるSAXO系システムにも安定度は負けていません。他の業者に比べて、レートの動きも早いような印象です。


スリップページや約定拒否がない


発注したらすぐに約定する感覚です。ストリーミング注文であれば、システムが約定できるレートを提示しているので、すべったり約定しないなんてことはありません。


指標発表時でもいつも通りデイトレやスキャルトレードができます。特にお気に入りなのが「ASストリーミング」という発注方法です。あらかじめ設定しておけば注文区分も対象ポジションもシステムが自動的に選択してくれるので、注文が速くて簡単です。


チャート上で注文ができる、カスタマイズしやすい


チャート上を操作して注文や決済ができるところが気に入っています。チャートを右クリックで注文、ドラッグ&ドロップで決済ができます。57種類のテクニカル指標が使えて、チャートの表示も位置や色・太さなど自由にカスタマイズできます。


マネパは少しテクニカル寄りなのか、初心者が最初に使うのは難しいかもしれませんが、慣れたら上級者まで使えます。


100通貨単位から取引可能


『FXnano』は100通貨単位からの取引が可能です。1000通貨単位までは他社もありますが、100通貨単位はマネパだけです。取引単位が小さいと少額から取引できて、損失も少なくて安心ですが、利益も少なくなるので、FXの醍醐味はないですね。私は初心者の時に実践を積むために、デモトレードの代わりとして活用しました。


株を証拠金として使える


マネパでは、持っている株を現金の代わりに証拠金に充てることができます。「代用有価証券サービス」といいます。前日終値の70%で評価してくれます。ずっと悩みの種だった塩漬け株の使い道ができてうれしいです。


マネーパートナーズのいい口コミ・メリットについてまとめ


マネーパートナーズの良い口コミで話題になるのはその約定力の高さです。株式会社矢野経済研究所の調べによると、主要15社のFX業者の中で、マネパは3年連続約定率100%スリップページ発生率0%という結果になっています。約定力はマネパの代名詞ですね。


そのマネパの高い約定力はサーバーの強固さに裏付けされています。マネパのサーバーは厳重なシステム構成になっています。24時間365日監視のもと、ネットワークの冗長化・並列分散処理、SuperDomeというHP社のデータベース、耐震耐火構造、データは毎日バックアップされ、定期的に遠隔地に保存されている、という徹底っぷりです。


サーバーが強い、だから約定力がある、それを実感しやすいツールがある、という点がマネーパートナーズの強みだと思います。


しかし、マネパの約定力の高さは、スプレッドのお得感を犠牲にしたものという見方もあります。以下の口コミを見てみましょう。


スプレッドが広がる、固定ではない


マネパのスプレッドは、米ドル/円で0.9銭〜1.2銭、ユーロ/円で、1.9銭〜2.2銭と「普通」なのですが、固定ではないため、広がる時は広がります。約定できないよりはマシかな?とも思いますが、想定以上にスプレッドが広いとやっぱりガッカリしますよね。<特に早朝の取引高が低い時間帯や、指標発表時はスプレッドが広がりやすいです


通貨ペアが少ない


マネパの通貨ペアは全部で13種類です。ちょっと物足りないですね。クロス円のメジャーどころはおさえてありますが、スワップ狙いの私からすると、ポートフォリオを組みにくい環境です。スワップ派はマイナー通貨を好みますから。


取引ツールが重い


『HyperSpeed』を使っていますが、時々動作が異様に遅くなったり、固まってしまったりします。私が旧式のパソコンを使っているのが悪いのでしょうか・・・。


マネーパートナーズの良くない口コミ・デメリットについてまとめ


マネパのスプレッドは標準的ですが、今流行りの固定ではありません。DMM FXは0.5銭の原則固定、フォーランドは0.6銭の原則固定であることを考えると、マネパのスプレッドは少々高く感じます。


マネパがスプレッドに幅を持たせているのは、高い約定力を維持するためです。公式HPにも、「固定にして約定拒否やスリップページを発生させるよりも、常に約定可能なレートを提示する方が重要と考えます」とあります。


せっかくデイトレやスキャルでも快適にトレードできる約定力を持っているのに、スプレ度が高ければそうそう頻繁に取引することはできません。少しずつ下げては来ているようですが、もう一段お得感が欲しいですね。


マネーパートナーズの最新のキャンペーン情報を今すぐチェック
マネーパートナーズについての詳細・口コミはこちら


※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。