FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 外為オンライン、外為どっとコム > 外為オンラインの評判が良いので…

外為オンライン、外為どっとコム

外為オンラインの評判が良いので…

私がFX業者を探している頃、外為オンラインの評判がかなり良かったので、とても気になっていました。もともと名前はよく聞く有名な業者で、みなさんも「あなたの為だから・・・」というCMをご覧になったことがあるのでは?

どんな評判が多かったか?

外為オンラインは他社と比べて何が良いのでしょうか?


いろいろ調べてみて、よくメリットとして挙げられていたのは、コスト面でのお得さです。手数料は無料ですし・スプレッドは1銭で原則固定です。

取引サイトの使いやすさなど好評な点はいろいろあるようですが、やはりコスト面で評価の高い業者は、僕にとっても魅力的でした。


もともとシステム会社だったようなのですが、金融業界のプロが入ってきたことでFX業界にも参入してきそうです。後発組でありながら、3年連続で取扱高トップになるなど、勢いがある業者です。


また、初回入金が5000円からOKという少額投資が可能という点が思い切りがあっていいなと思いました。実際に5000円だけで運用することはないですが、その敷居の低さがいいですね。


あとは「5000円キャッシュバック」などのキャンペーンをしょっちゅう行っているということも耳にして、とても興味がわきました。


しかし、実際に使ってみていろいろ分かったことがあるので、それを書いていきたいと思います。非常に残念に思ったのは、チャートの動きが遅い、ということでした。


チャートやツールは、とにかく動きがスムーズでなくてはいけません。システムの安定性・接続持続性はユーザーの損益に直接影響してきます。

特に、外為オンラインはデイトレード向きと言われているのでなおさらです。僕はチャートを1時間足から日足に変更しただけなのに、更新にものすごく時間がかかりました。


システムの安定性やスピードを担保してから、どんな機能が搭載されているか、という話になるのだと思います。テクニカル分析ができること、為替ニュースが収集しやすいことなど、業者によって特色が出せます。

欲を言えば、チャートから発注できると便利ですよね。


外為オンラインのツールは26種類のテクニカル分析が利用できますし、「NEWSチャート」という、チャートをクリックすることで、その時に起きた主なニュースを閲覧できる機能はとても優秀だと思います。


なので、それらの機能を台無しにしないサーバを構築できたら、外為オンラインを本格的に使おうと思いました。


後で分かったのですが、外為オンラインは一度システム障害に関することで、金融庁から行政処分を受けたことがあるそうです。この件はユーザーの中でも大変不評で、口コミなどでも「もうあそこは信用できない」とまで言われてしまっている始末です。


行政処分の後どうなったか

システムに改善が見られたので、その後外為オンラインをメインで使うようになりました。確かに、以前はチャートの動きが遅かったですし、ユーザーに不利な感じで約定すること(スリップといいます)もたくさんありました。


しかし行政処分を受けてから必死にシステムの再構築をはかり、現在は業界トップレベルのサーバを作ることに成功したと言われています。


具体的にどのようにシステムを強化していったのかは、ホームページで公開されている「障害件数とインフラ強化履歴」で見ることができます。

段階的にサーバを増設したり、データベースを増強したり、性能をバージョンアップしたり、お金がかかっていそうです。それに沿ってシステム障害件数も目に見えて減っています。現在は3カ月に1回あるかないかです。


使う側である僕自身の実感としても、サーバ再構築後はチャートが不安定になることもなくなりました。最大の指標である米雇用統計発表時でも問題なかったです。

また、「これはないでしょ・・」という約定もなくなったように思います。「システム稼働状況」はいつでもホームページで確認できます。


システム障害で行政処分を受けた業者はいくつかありますが、すべてがこのようにしっかりと対応したわけではありません。

昔EMCOM証券という業者が、サーバーダウンや約定拒否が頻発したため同じように行政処分を受けましたが、その後も目立った改善は見られず、とうとうFX事業を他社へ譲渡して廃業しました。


行政処分とは重い処分ですし、非常に不名誉なことです。しかし、顧客のお金に手をつけたとか、タチの悪い勧誘をしたとかならともなく、システム障害1回くらいなら、その後の対応次第で再評価があっても、僕はいいと思うのです。


>>外為オンラインのさらに詳しいクチコミはコチラから<<