FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 外為オンライン、外為どっとコム > 利用者が語る!!外為オンラインの口コミ集

外為オンライン、外為どっとコム

利用者が語る!!外為オンラインの口コミ集

3年連続FX年間取引高NO1を誇る外為オンライン。
なお年間取引高NO1とは実際外為オンラインを利用して、FX取引を行っている人が最も多いということを示します。


地上波でもたびたびCMが流されていた時期もあってFXをやっている人の間では外為オンラインは知る人ぞ知るといった位置づけなのではないでしょうか。


今でこそ大人気の外為オンラインですが、しかし前の社名である新日本通商時代に一度システム周りで行政処分をくらっています。


行政処分をくらった会社に自分の資金を預けてはいられない。
システム面が不安でいくら社名を変えたところで取引など怖くてできないといった声もありますが、しかしそれであっても前述したFX年間取引高NO1という実績は輝かしい。


一度どん底に落ちた業者が行政処分後数年たった今、投資家方々からがどのような評判にあるのか。その口コミからメリットデメリットを挙げ、客観的に外為オンラインの今を分析していきたいと思います。


外為オンラインの良い噂

◆年間取引高3年連続NO,1
2007年4月〜2010年3月までの3年間FX年間取引高NO1

FX口座開設数では外為どっとコムがNO1でしたが、実際口座を開設し、取引を行った会社NO1が外為オンライン。


要するに取引に参加する投資家が外為オンラインが提供するシステムに信頼感を持って取引を行っているということ。

実際、システム不備がため行政処分を受けてからはシステムダウンが起きないようサーバーを増強し、安心した取引環境を構築しました。
その点が実績にも反映されているのではないだろうかと感じます。


◆スプレッド(ドル円)
スプレッドの開きが狭いことを売りにしている業者ほど、重要な経済指標発表時にはスプレッドにおおきな開きが出てしまうもの。

その点外為オンラインはドル円スプレッド1銭固定


実際私も利用してみたのですが 、重要な局面でも参加者が多数に及ぶ時間帯でもこのスプレッドの開きはほとんど変わりませんでした。

そのためドル円でスキャルピングやデイトレなど短期の投機を繰り返す投資家に人気があるようです。


◆キャッシュバックキャンペーン
外為オンラインのHPを見ると5000円キャッシュバックキャンペーン実施中と掲載されています。

おおよそ3年近く外為オンラインを利用していますが、このキャンペーンが途絶えたのを見たことがありません。

条件としては外為オンライン取引口座を新規に開設し、初回入金額10万円以上を入金、取引を一回行うこと。

要するに初心者に広く門戸を広げるためのキャンペーンというわけです。
初心者にしてみれば新たな口座開設への意欲、FX取引開始への強い動機付けとなることでしょう。


外為オンラインの悪い噂

◆チャートが重たい
外為オンラインの取引システムにハイブリッドチャートというものが存在しているのですが、Flashやjavaを使っているため、取引に利用するパソコン環境によっては非常に重たく、操作性の悪さを感じてしまうことがあるようです。


「テクニカル分析は充実していて、ファンダメンタルな情報も一目でわかり、パッと見は好印象なのだけど、動きがいまいちなんだよな。。」


多くの機能がそろっていてもそれらをうまく使いこなせないのであれば宝の持ち腐れでしょう。個人的には他の業者のソフトを利用するか、パソコンのスペックを増強してから外為オンラインのチャートを利用することをお勧めします。


◆スプレッド(ドル円以外)
ドル円1銭のスプレッドは業界では狭いほうだとは思いますが、それ以外の主要通貨のスプレッドはやや広めといった印象を受けます。

ユーロ円も各業者軒並み1銭近くにまで狭まってきた中にあって未だに2銭の域にあるのは少々納得いかない部分があります。

またギャンブル目的、投機目的の利用が多い特に個人投資家に人気のポンド円の数値5銭にいたってはお話になりません。


現在ポンド円専用口座として私が利用している業者は変動スプレッドではあるもののそれでも1.5銭〜2.5銭の間に収まります。


確かにドル円1銭の原則固定スプレッドには興味ひかれますし、実際ドル円の取引は外為オンラインで行っているという投資家も多いようです。

しかしスプレッドでの旨みはドル円通貨のみにすぎず、他の主要通貨はあまりに開きがありすぎて、お勧めはできません。したがってドル円以外の通貨での取引を行う際は他の業者を利用するべきですね


外為オンラインの最新のキャンペーン情報を今すぐチェック
外為オンラインについての詳細・口コミはこちら



※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。