FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXプライム byGMO& IGマーケッツ証券(旧FXオンラインジャパン) > デモトレするならIGマーケッツIGマーケッツ証券(旧FX online japan)

FXプライム byGMO& IGマーケッツ証券(旧FXオンラインジャパン)

デモトレするならIGマーケッツIGマーケッツ証券(旧FX online japan)

デモトレって知っていますか?
もしこれからFXでトレードを始めようとしているのなら、知っていて損はないですよ。

と言いつつ、私もまだまだそんなことを言える立場では全然ないのです。なぜなら、私もつい最近まで実際にFXを始める前に、FX業者の情報や、FXの知識ばかりを集めていたのです。情報収集と用語の知識が増えるばっかりで、肝心の経験が積めないまま月日が過ぎていきました。


勉強してもなんだか不安なままで、実際にお金を投資してFXを始める最初の一歩が踏み出せない状態でした。そんな時、デモトレというものがあると知ったのです。


IGマーケッツ証券のデモトレがおススメな理由


デモトレとは、要するに FXの練習です。実際にお金を投資するのではなく、お試しでいろいろやってみるということです。これは非常に大事ですよ。


チャートの読み方や相場の流れを感じるのって、実際にやってみないと本当にわからないですよね。でも、こんな分からないことだらけの状態で、自分のお金を使ってトレードするのはまだちょっと・・・という人は、デモ口座で練習をするのがいいのだそうです。


デモトレができる業者は複数ありますが、私はIGマーケッツ証券にすることにしました。チャートが見やすいと評判の「PureDeal」という取引ツールを使ってみたかったからです


IGマーケッツのデモ口座は実際のリアルタイムレートに沿ってトレードできます。仮想資金はFXだけで1000万円、その他CFDなどを合わせるとなんと6000万円分も使えるのです(もちろん、本当の自分のお金ではないのですが・・・)。


他社ではリアルタイムでないレートを使ったり、資金が少なかったり、あまり設定をいじらせてもらえなかったりする場合があるそうです。


有効期間は30日間、1カ月まるまるあるので、その間みっちりやればツールの使い方にも慣れてくるでしょうし、頑張れば相場観なんかも養われるかもしれません。


実際にデモトレしてみました


申込みはユーザー名やパースワード、メールアドレスなどを入力するだけ。1〜2分でできました。「ブラウザはIE8かFireFoxじゃないとうまく動きません」というメッセージが出ました。私はたまたまIE8だったので大丈夫でしたが、そうでないと不具合が出たりするそうです。


初期画面では一つの画面で多くの情報が一度に見ることができ、感動しつつ正直どこから手をつけていいか分かりませんでした。しかしマニュアル等を参考にしながら、少しずつ慣れていくことができました。


特にチャートは使いやすかったですね!選んだ通貨ペアのテクニカルチャートをいくつか選べば、横の画面にすべて表示されました。複数のチャートを比較できるのはとても良かったです。また、チャートから注文できるのは本格的でカッコイイと思いました。


いよいよ取引を始めましたが、バーチャル資金なので変なプレッシャーはありません。一度やってみたかったので、高いレバレッジをかけてトレードしてみました。結果はさんざんでしたが・・・。


デモトレして分かったこと


30日間試してみて、本当にとても良い経験になりました。デモトレして良かったと感じたことは、自分の投資スタイルがなんとなく分かった、という点です。私にはあまりレバレッジでリスクを取りにいくよりは、長期的なスワップ狙いの方が向いているようです。


相場観を得るまでには至りませんでしたが、雰囲気を味わえるだけでも収穫です。バーチャルだと分かっているのに、損切りする時はどきどきしました。自分の感情をコントロールできるかどうかは、本番できっと大きく影響してきますよね。


しかし、正直なところPureDealのような高機能ツールは、初心者でデモトレをするようなレベルの私には、使いこなすことなんてとても無理!と思いました。テクニカルチャートは60種類以上あるのですが、分かったのは2,3種類でした。デモトレをしながら、用語や取引方法の学習もできるなんてものがあったらいいな、と思いました。


あと、これからデモトレに挑戦したいと思っている方に私が言えることは、複数業者のデモトレを試した方が良い、ということです。私はもともとIGマーケッツの口座開設に興味があってのデモにしましたが、同時に他の社のも見ておけばよかったと思っています。デモトレードはたいてい無料ですしね。


※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。