FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > セントラル短資FX &トレイダーズFX > 実は評判◎!?トレイダーズFX

セントラル短資FX &トレイダーズFX

実は評判◎!?トレイダーズFX

※2010年7月20日、EMCOM証券はみんなのFX事業をトレイダーズ証券に譲渡し、みんなのFXはトレイダーズ証券が運営しています。


トレイダーズ証券の運営する「みんなのFX」の評判は、正直あまり良いとは言えません。その評判の中身と、それでもキラリと光る長所について書いていきたいと思います。

最大の理由は強制決済

トレイダーズ証券は、過去にFX口座サービスを終了廃止にする際、何の確認もなく顧客のポジションを強制決済しています。それを、なんと3回繰り返しています。


FX業界は3ケタの業者がひしめく競争の激しい業界ですので、統合や廃止自体が起こることは自然なことです。しかし、廃止直後に新しいFXサービスを開始しているのに、ポジション移管がないというのは、ちょっと冷たい気がします。


通常、業者がサービス廃止をする場合は、ポジション移管をやってくれます。楽天証券、セントラル短資FXもそうでした。廃業したアストマックスFXは、同業のkakakuFXを推薦して、移行する場合は少し補助金を出してくれました。このように、何らかの対応をすることの方が多いのです。


トレイダーズ証券は過去3つのFXサービスを展開・廃止していますが、いずれも強制決済しています。2011年3月に「みんなのFX」を統合した際も、すでにあった「トレイダーズFX」の顧客のポジションはすべて強制決済されました。


このような経緯から、トレイダーズ証券の信用力は、かなり低いと言わざるをえません。

システムの評判と実情について

システムが不安定、約定力が弱いなどの評判が数多く見られます。


運営はトレイダーズ証券に変わっても、システムは前のEMCOM証券が作ったEMCOMシステムを使っています。このEMCOMシステムの評判がいまいちなのです。


MJやDMM FXこのシステムを採用していますが、その特徴はスプレッドが狭く、約定力が弱いことです。EMCOM証券時代では、あまりに約定拒否やサーバー落ちが起こったため、ロスカットシステムが作動せず損失をかぶった顧客が出ました。


今はトレイダーズ証券に変わって大きなシステム障害も起こしていないのですが、約定力に関しては評判が悪いままです。


みんなのFXの良いところは?


コストの安さやオリジナリティのあるサービスが強みです。

◆やっぱりコストの安さ
スプレッドはドル/円0.8銭、実際の配信レートを見てみると、2011年6月の実績は0.6〜0.8銭が91.10%の配信率でした。9割を超えていれば、まあまあでしょうか。
特にユーロ/円のスプレッドが狭くて有名です。通常は1.3?1.8銭で、キャンペーンを除けば業界3位以内には入るでしょう。


取引手数料は1万通貨以上の取引の場合は無料、1000通貨単位の場合30円。クイック入金、出金手数料、ロスカット手数料も無料です。


◆みんなのSNS
FXをやっている人たちで集うコミュニティサイトです。現在約8,500名の口座開設者が利用しているそうです。情報収集と意見交換の場になります。


他の人の獲得pipsや、売買状況をリアルタイムで見ることができます。例えば、成績ランキング上位の参加者の売り買いのタイミングや注文方法をリアルタイムに見て、スタイルや技術の勉強材料にすることもできますよね。


Q&A広場で質問したり、チャットをすることもできます。1日500件の書き込みがあるので、活気のある広場です。「どのへんが底だと思う?」「新しいツールのこの機能どうよ?」といった意見交換ができるのは便利だし楽しそうです。


◆MacやiPhone、iPodtouch、Androidにも対応
Mac OSX 10.4, 10.5公式サポート。Macの公式サポートを受けているのはみんなのFXとFXプライム byGMOしかありません。

iPhoneのSafariも公式対応していますし、iPodtouch、Androidなど、使えるチャネルがたくさんあるのが特徴です。いるかどうかは置いといて、ツールバーやブログパーツもありますよ。


みんなのFXの最新のキャンペーン情報を今すぐチェック
みんなのFXについての詳細・口コミはこちら


※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。