FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました!

海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました!

ここ最近、メイン口座を海外のFX業者さんに移行される方が増えているみたいですね。原因はやはりレバレッジ規制でしょう。

レバレッジ規制については、この下で詳しく解説していますが、法改正により現在、日本のFX会社でトレードをする場合、最高で25倍までのレバレッジしか かけられないようになりました。

この法改正はデイトレーダーやスキャルをメインにされている方には大きな影響を与えました。


しかし、その法改正以降も数百倍のレバレッジでトレードがしている方が最近増えてきています。

それが今回特集を組んでいる海外FX業者を使うというやり方です。実は、管理人もいくつか海外口座を持っていますが、慣れてしまえば、日本の業者となんら変わりありません。


むしろ、チャートなどは使いやすいですし、
何よりこれからもずっと100〜400倍などの高レバレッジでトレードできるので、
管理人は今後、海外FX業者をメインで使っていくことになりそうです。


このページでは、その海外FXのメリット、デメリットとともに、業者のできる限りの情報も掲載していますので、ぜひこれを機会に海外のFX会社でトレードをされてみるのはいかがでしょうか?

ちなみに、最近はどの海外業者も必要な情報はすべて日本語化されているところが増えてきていますので、英語が出来なくてもほとんど問題ありません。もちろん、私も英語はできませんが、それでもトレードに支障はないです^^

海外FXの業者選びで失敗しないためのポイント

海外FXの業者は安易に選ぶと大変なことになります。なぜか"当然のことながら、海外の業者で、その国の法律にしたがって運営されているわけですから、最悪の場合、潰れて資金が帰ってこないなんてことも考えられます。

日本では当たり前の信託保全ですが、海外の多くでは義務化されていません。アメリカではレフコという業者が潰れた時、実際に顧客の半分以上の資金が戻ってきませんでした。大切なお金を投資するのですから、十分に注意して業者を選ぶようにしましょう。

そこで、ここからは海外FXの会社を選ぶときに注意しなければいけないポイントを解説していこうと思います。


1,安全性・信頼性

まずは一番重要なポイントからいきましょう。投資資金、証拠金の安全性についてです。「そんなに簡単に潰れるわけないじゃん。」なんて思っている方は要注意ですよ。事実、国内外でFX会社なんてガンガン潰れたり、買収されたりしてますからね。

日本国内の業者の場合、信託保全が義務化されていますので、仮に業者が潰れても証拠金は戻ってきます。しかし、海外の場合はそうもいきません。

実は、海外の場合、免許がなくてもFX会社を開業できてしまいます。日本では考えられないですよね(笑)もちろん、免許がない業者がすべて危険、信託保全されてない業者がすべて危険というわけではないのですが、大きな資金を預けることはオススメできません。

ちなみに、金融免許を取得していて、100%信託保全の業者は非常に少なく、MIG FXとDukascopy(検証ページ準備中)しかありません。その他には、2万ユーロまでの信託保全で、免許を持っているのがMarkets.comですね。


2,出入金

日本では考えにくいことですが、海外のFX業者の中には出金を拒もうとする会社があります(特にユダヤ系のFX業者が多いですね)。なんやかんやで出金させないようにするのです。また、入金してもなかなか反映されなかったりすることもあります。

一般的に7〜14日程度は出金に時間がかかりますが、それ以上かかったり、意図的に遅らせるような口コミや体験談が投稿されている業者には注意が必要です。

出入金でトラブル多い業者は、

iHForex
GIGFX
iFOREX
AVAFX
XTB
UWCFX
Instaforex
Hotforex
GCI Financial。

意外に多いので注意しましょう。


3,日本語対応

日本語対応しているかどうかも重要なポイントですね。日本語対応していると記載されていてもちゃんとした日本語のサポートを受けられるとは限りません。いい加減な業者もあります。

ただし、最近は日本語対応しているサイトが増えてきてはいますね。

日本語対応している業者は、

4XP
FXDD
FXIM
iForexm、
MARKETS.COM
Trading Ponit
youtradefx
IFC Markets
FXcast
PLUS500
etoro
Dukascopy
AAAFx

です。


4,クレジットカード

業者の口座への入金がクレジットカードで行えるかどうか大切なポイントです。クレジットカードですと、振込手数料はかかりませんし、何より入金が管理画面に反映されるまでの時間が短いです。ポイントもたまります。

短い業者で数分、長くとも数日で反映されますので、入金はクレジットカードを利用したほうがいいでしょう。

ちなみに、クレジットカードの入金反映が早い業者は

youtradefx
Trading Ponit
MIG FX
FXDD
FXIM

ですね。どの業者もおおよそ5分程度で入金が反映されます。


5,メタトレーダー4への対応

そもそも海外FXを利用する方は、スキャルピングをメインにされている場合が多いと思います。メタトレーダー4はスキャルピングには欠かせないソフトなので、対応している業者を選んでおいて損はありません。

ほとんどの業者がMT4には対応していますので、ここでは反対に対応していない業者を紹介します。

PLUS500
etoro
FXIM
iForex


FX業者マンの総合評価

まず一番のオススメはMIG FXです。理由は安全性ですね。システムダウンについて若干の悪評がありますが、どの業者も一定量の悪評が存在しますし、そもそも盤石なシステムなんてものは存在しません。復旧も早いです。審査が厳しくて有名なスイスFINMAの免許を取得していますし、外部監査も入っているので、管理人的に非常にオススメです。

次に、システム面、取引のしやすさで高評価を得ているのがetoro(イートロ)です。免許も取得していますし、安全性ではMIGには劣るものの、個人的にオススメできる業者ですね。ただし信託保全はしていません。

youtradefxもサービス面が充実しています。ただし、ユダヤ系の業者(海外FX業者はユダヤ系のところが多く、ユダヤ系の業者には一般的に注意が必要)なので、大きな金額を入れるのは避けたほうがいいかもしれません。


FX業者マンが海外FXをレビューしてみた

MIG FXのスプレッドや初回入金を調べました。MIG FXはなんといっても安全性が二重丸。ツールも日本語対応です。
eToroのFXはトレードが楽しくなる独自ツールが人気!その他利用者に好評なのは…
youtradeFX(ユートレードFX)の使い勝手など検証してみた
FXIM(海外FX)を実際に体験してレポートしました
FX DD の魅力&メリット。海外FXが人気の理由
Trading Point(トレーディングポイント)の特徴やポイントのまとめ
インフィニティスペース(Infinity Space)の強み弱みを検証してみた
GCI FX 海外FX、GCIのイチオシポイントとは
Markets.comは使った感想。日本人向きな感
IFC Marketsのメリット&デメリットの解説してみました
AVA FXの口座開設を考えている方へ。AVA FXのポイントを解説

Markets.comは使った感想。日本人向きな感

さて、今回は海外FX業者のMarkets.com(マーケッツドットコム)について検証していきたいと思います。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、Markets.comは世界 100 カ国以上14カ国語でサービスを提供しているグローバルな企業です。また、2010年には最も顧客数を伸ばした業者のひとつで、日本においても利用者が増えています。

ここでは、Markets.comの特徴について分析し、最後にメリット・デメリットについて解説していきます。海外FX業者をお探しの日本人の方は要チェックです。

「Markets.comは使った感想。日本人向きな感」詳細はこちら

youtradeFX(ユートレードFX)の使い勝手など検証してみた

さて、今回は海外FX業者のユートレードFX(Youtrade FX)について検証していきたいと思います。海外FX業者は、かなりメジャーなところでも日本のFX業者に比べて情報が少ないのが難点ですが、ユートレードFXは海外FX業者の中でもさらにサービス内容やクチコミ等の情報が少ないのです。

しかし、よく調べてみると非常に高度な取引ツールをそろえているなど、注目すべきポイントがたくさんあります。英語圏のサイトも含め、いくつかの情報ソースをもとにメリット、デメリットをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

「youtradeFX(ユートレードFX)の使い勝手など検証し...」詳細はこちら

Trading Point(トレーディングポイント)の特徴やポイントのまとめ

さて、今回は海外FX業者のトレーディングポイント(TradingPoint)について検証していきたいと思います。トレーディングポイントは2009年に創業したばかりの新興ブローカーだからか、まだあまり情報が少ないようです。

しかし、日本人投資家にとっても有利なサービスがいくつもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。また、最後にメリット・デメリットをまとめてみましたので、お忙しい場合はこちらだけ読んでみてください。

「Trading Point(トレーディングポイント)の特徴や...」詳細はこちら

インフィニティスペース(Infinity Space)の強み弱みを検証してみた

今回は海外FX業者のインフィニティスペース(Infinity Space)について検証していきたいと思います。インフィニティスペースは2011年1月に事業を開始したばかりのとても若いFX業者です。国内外の比較サイトでまだあまり紹介されていないにもかかわらず、多くキャンペーンやスプレッドの狭さを武器に、人気は確実に上がってきています。

では、インフィニティスペースはどのような業者なのでしょうか"今回は、インフィニティスペースの特徴について分析し、最後にメリット・デメリットについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

「インフィニティスペース(Infinity Space)の強み...」詳細はこちら

IFC Marketsのメリット&デメリットの解説してみました

さて、今回は海外FX業者の1つ、IFCマーケッツ(IFC Martets)について検証していきたいと思います。IFCMともよばれるIFCマーケッツは、運営会社がスイスの大銀行なのですが、日本での知名度は低いですね。ですから、スペックやクチコミなどの情報は日本ではなかなか見つかりません。

そこで、英語圏の情報などをもとに、IFCマーケッツがどのような業者なのかまとめてみました。情報の少ない海外FX業者を選ぶ時の参考にしてみてください。上手な海外FX会社選びは、会社ごとの強み・弱みをしっかり把握することが第一です。

「IFC Marketsのメリット&デメリットの解説してみまし...」詳細はこちら

FXIM(海外FX)を実際に体験してレポートしました

さて、今回は海外FX業者のFXIMについて検証していきたいと思います。FXIMは他のメジャーな海外業者に比べて知名度の少ないマイナー業者です。情報が充実していない海外FX業者は口座を開くのにちょっと抵抗があったりしますよね。でも、レバレッジやスプレッドに強みのある業者があれば、気になるのも事実。

ここでは、FXIMの特徴について分析し、そのメリット・デメリットについて検証していきます。良かったら、海外FX業者選びの参考にして下さい。

「FXIM(海外FX)を実際に体験してレポートしました」詳細はこちら

海外FXのメリットとは?またデメリットもあれば教えて!

海外FX取引業者とは、海外に本社を置き、海外を拠点に活動しているFX取引業者のことです。FX取引業者選びの際、最初に、国内の業者に目が行くと思いますが、日本に居住しながら、海外のFX取引業者を使って取引を行うことも可能です。ある程度経験を積んだ投資家の中には、海外FX取引業者の利用を考える人もいるでしょう。

「海外FXのメリットとは?またデメリットもあれば教えて!」詳細はこちら

FXのレバレッジ規制(日本)って今どうなってるの?海外のFXには規制はないの?

レバレッジとは、小さい力で大きな物体を動かすときに使用する「てこ」のことです。FX取引では、この「てこ」のように、少ない証拠金で、 何倍もの取引が可能となり、この取引金額と証拠金の割合を「レバレッジ」と呼んでいます。ちなみに、レバレッジは「〜倍」と表示されます。

具体的な数値で確認したいと思います。

例えば、1ドル=100円のときに、証拠金10万円を業者に預けた場合、1万ドル(100万円)購入できる取引を想定します。

「FXのレバレッジ規制(日本)って今どうなってるの?海外のFX...」詳細はこちら

海外のFXって日本語しかできなくても大丈夫なの?

海外のFX業者というと英語ができないとダメなんじゃないかと心配になるでしょうが、結論から言うと、たいていの業者では日本語だけでも大丈夫です。

特に大手や有名な海外業者であれば、最近は日本語対応が進んでいます。ウェブサイトが日本語で、コールセンターにも日本語を使えるスタッフが常駐していることが多いです。取り組み度合いは業者によって多少の差がありますが、よほどマイナーなところでない限り問題ありません。

「海外のFXって日本語しかできなくても大丈夫なの?」詳細はこちら

海外FXを使うと税金ってどうなるの?わかりやすく解説!!

FX取引を始めたばかりの投資家が忘れがちな、しかしながら、非常に重要な作業が確定申告です。

所得税の確定申告とは、毎年1 月1 日から12 月31 日までの1 年間に得た全ての所得とそれに対する所得税額を計算し、期限までに書類(確定申告書)を提出して、源泉徴収された税金などとの過不足を精算する手続きのことです。

「海外FXを使うと税金ってどうなるの?わかりやすく解説!!」詳細はこちら

FXのメタトレーダーってどんなツールなの?使うとどんなメリットがあるの?

メタトレーダーとは、ロシアののMeta Quotes Software社が開発したFXの取引ツールのことです。世界中で使用されており、その性能は世界最高と評される高機能ツールです。

MetaTraderの最新バージョンが4だったことから、「MT4」という呼ばれ方をすることがあります。「MT4業者」という用語を時々見かけますが、これはメタトレーダーを採用しているFX業者のことを指します。

「FXのメタトレーダーってどんなツールなの?使うとどんなメリッ...」詳細はこちら

eToroのFXはトレードが楽しくなる独自ツールが人気!その他利用者に好評なのは…

さて、今回は海外FX業者のイートロ(eToro)について検証していきたいと思います。イートロはとても先進的でユニークなサービスを行っている業者で、海外でも非常に人気があります。

日本でも主要業者のうちのひとつなのですが、日本語サポートに遅れがあるためか、まだ十分にまとまった情報があまりありません。

ここでは、イートロの特徴について分析し、そのメリット・デメリットについて解説していきます。良かったら、海外FX業者選びに役立てて下さい。

「eToroのFXはトレードが楽しくなる独自ツールが人気!その...」詳細はこちら

FXDDの魅力&メリット。海外FXが人気の理由

FXDDは有名な海外FX業者のひとつですが、どのような会社か知っていますか?

FXDDは、海外FX業者の中でもいち早く日本でサービスを開始した会社です。そのため、日本語のサポートが大変充実しており、24時間のサポート体制など、日本人トレーダーには使いやすい環境が整っています。

主なシステムはMT4で、自動売買(EA)の推奨業者でもあります。自動化システム、機関投資家用システム、1クリックトレードシステムなど、中級者以上からプロ投資家向けのサービスが整備されています。

「FXDDの魅力&メリット。海外FXが人気の理由」詳細はこちら

MIG FXのスプレッドや初回入金を調べました。MIG FXはなんといっても安全性が二重丸。ツールも日本語対応です。

さて、今回は海外FX業者のMIG BANKについて検証していきたいと思います。MIGはスイスに拠点を持つ非常に安全性の高いFX業者です。

高い安全性がありながら、日本国内での知名度があまり高くないのは、海外居住者専用のFX業者だからでしょう。MIGに関する情報も、日本語の口コミなどは非常に数が少なく、情報収集は英語が中心になります。

ここでは、MIGの特徴について分析し、最後にメリット・デメリットについてまとめてみました。海外在住または在住予定の日本人の方でFX業者をお探しの方はぜひ参考にして下さい。

「MIG FXのスプレッドや初回入金を調べました。MIG FX...」詳細はこちら

AVA FXの口座開設を考えている方へ。AVA FXのポイントを解説

AVA FXの本家サイトでは現状日本に居住する日本人からの口座開設を受け付けておりません。
しかし1年ほど前から申請していた日本法人のFX業務遂行に係る金融庁の許可が下り2011年6月よりFXのサービスを開始しています。

同時にこの日本法人の名称をエーアールディー株式会社からアヴァトレードジャパン(以降ホームページの名称AVATRADEとして記載)に変更しました。
したがって現状日本に在住否定る投資家はAVA FXを介してではなくアヴァトレードジャパンを介して取引を行うことになります。

「AVA FXの口座開設を考えている方へ。AVA FXのポイン...」詳細はこちら

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。