FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました! > AVA FXの口座開設を考えている方へ。AVA FXのポイントを解説

海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました!

AVA FXの口座開設を考えている方へ。AVA FXのポイントを解説

AVA FXの本家サイトでは現状日本に居住する日本人からの口座開設を受け付けておりません。
しかし1年ほど前から申請していた日本法人のFX業務遂行に係る金融庁の許可が下り2011年6月よりFXのサービスを開始しています。

同時にこの日本法人の名称をエーアールディー株式会社からアヴァトレードジャパン(以降ホームページの名称AVATRADEとして記載)に変更しました。
したがって現状日本に在住否定る投資家はAVA FXを介してではなくアヴァトレードジャパンを介して取引を行うことになります。

世界で18万以上の口座数を持ち、また年間5000億ドル以上の取引高を誇る、外資AVAグループ。その傘下にある日本法人AVATRADEですから大変期待は高まりますね。

アメリカ資本によるFX業者ですが、アヴァトレードジャパンのHP、サポートは日本語対応ですので、口座開設する際に特に問題となることはないでしょう。

まだサービスを開始して間はありませんが、現状のAVATRADEについて誇れるポイント、改善してほしいポイントなどをを見ていきたいと思います。


まずは、AVA FXの長所・ポイントについて検証していきます。

MetaTrader4が利用可能

AVATRADEではロシアのMetaQuotesSoftware社が開発した高機能FXトレーディングソフトMetaTrader4を無料で利用可能です。

世界で最も利用されているこのソフト、MACDやRSI、ボリンジャーバンドなどの基本的な分析指標を抑えたうえ、総数30種類にも及ぶテクニカル分析が可能となっており、多方面から未来の相場の趨勢を分析予想することができます。


また他社採用の取引ツールにはないMetaTrader4独自の旨みとしては、非常に自由度が高い取引ツールである点に尽きます。

有る程度のプログラミング知識は必須となってきますが、MQL4言語とよばれる独自のプログラミング言語を利用しさえすれば、自分流に分析手法をカスタマイズ出来たり、自動売買システムを構築することができるのです。


また世界中のトレーダーがこの独自言語を利用し、自らに合った分析手法を作成、それを有料無料含め特定のサイトにアップしていたりするので、自分に必要だと思ったものであれば自由にそれらをMetaTrader4に含めることができます。


要するにデフォルメで利用できる分析手法30種で納得できない、物足りないと思う場合は、自分でプログラムを組んで、自己流のテクニカル分析を作成する。そしてそれでも物足りない場合は世界中の投資家が作成し公開しているテクニカル分液をMetaTrader4に組み込んでカスタマイズしてやる。

このように現状では自分の好みに合わせて自由にカスタマイズできる点においてMetaTrader4に勝る柔軟性豊かなトレードソフトはないといっていいでしょう。

ただし自由にカスタマイズできるとはいえ、プログラミングの知識は必須なので、その点クリアできればMetaTrader4を十二分に使いこなすことが出来るでしょう


抜群の信頼性

日本法人が設立される以前より各国で活動していたAVAによるFXトレードで「World Finance」から5つのアワードを受賞しています。

・ ベスト・イスラミックFXプロバイダー
・ 最も透明性のあるプロバイダー
・ カナダでのベストFXブローカー
・ 中東でのベストFXブローカー
・ 英国領バージン諸島でのベストFXブローカー

これらの偉大な功績を有するAVAグループに属している点において、日本法人アヴァトレードでも安全で信頼に足るFX業務が遂行されることがおおいに期待できますね。


豊富な通貨ペア

トレードできる通貨数が非常に豊富。
その数50種です。

また法人業者ではあまり考えられないような通貨を採用している点も魅力的でしょう。ポーランドの通貨であるズロチ、ノルウェーの通貨であるクローネ、ハンガリーの通貨であるフォリントなどなど非常にマイナーな通貨もカバーされています。


次に、AVA FXの短所・デメリットについて検証していきます。

やや広めのスプレッド

ドル円が1.2、ユーロ円が2.2、ポンド円が4.8など、日本の競合他社に比べてややそのスプレッドに広がりがあります。

日本では特にドル円のスプレッドを基準にしてFX業者を選定する人が多いことから1を下回らないスプレッドはあまり良い印象を持ちません。

駆け出しのFX業務

FXに係る業務としてまだ運営されて1か月しかたっていない会社。
いかに信頼あるAVAグループの傘下にあるとはいえ、直接仕事に従事しているのはまだ慣れない環境にある日本法人の社員なわけです。

何の警告もなくポジションが決済された。
入金して2週間たつのにまだFX取引が始められない。
連絡しても返事が返ってこない。
オペレーターの対応が非常に不親切。

実際利用した方々の悪評もとこどころ目立ちます。


レバレッジ規制対象

2009年「内閣府令」によって定められたレバレッジ規制は2010年8月から50倍、そして2011年8月からは25倍までが限度になりました。

親会社が外資本とはいえ、アヴァトレードジャパンも日本のFX業者ですので、もちろんこのレバレッジの規制対象となり、現状須らくレバレッジは25倍までとなっています。

対象トレーダー

スプレッドは広め、FX業務を始めて間もないといった要素から初心者や投機目的のトレーダには向いていません。

むしろ、MetaTrader4を使っていろいろカスタマイズしたい、あるいは他の会社にはないマイナーな通貨を利用して取引したいといった比較的熟練者、FXをより奥深くまで楽しみたい上級者向けの業者であるという印象を受けます。

AVA FXの取引について

スプレッド 最大レバレッジ 取引最小単位 新規取引手数料 決済取引手数料
1.2pips〜 25倍 1000通貨 0円 0円
デモトレード 自動売買 取引ツール 取引通貨ペア システム安定度
AVA トレーダー
ZuluTrade
メタトレーダー4
47通貨ペア

入出金について

初回入金額 維持手数料
10000円 0円

注文・取引機能

成行注文 指値 逆指値 OCO イフダン トレール モバイル対応 その他
au Docomo
ソフトバンク
PDAで取引可

サポート

日本語サイト 日本語サポート 信託保全
あり。取り引きシステムも
全て日本語化。
日本人担当者2名が迅速、
ていねいに対応。
電話対応も有。
日曜日もメールで
対応している場合もある。
対応時間(日本時間:月〜金 13:30〜22:30
分別保管


海外FXの業者選びで失敗しないためのポイント

海外FXの業者は安易に選ぶと大変なことになります。なぜか?当然のことながら、海外の業者で、その国の法律にしたがって運営されているわけですから、最悪の場合、潰れて資金が帰ってこないなんてことも考えられます。

日本では当たり前の信託保全ですが、海外の多くでは義務化されていませんし、アメリカではレフコという業者が潰れた時、実際に顧客の半分以上の資金が戻ってきませんでした。日本語にちゃんと対応していないところも多いですし、大切なお金を投資するのですから、十分に注意して業者を選ぶようにしましょう。

そこで、ここからは海外FXの会社を選ぶときに注意しなければいけないポイントを解説していこうと思います。>>この続きはこちらから