FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました! > GCI FX 海外FX、GCIのイチオシポイントとは

海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました!

GCI FX 海外FX、GCIのイチオシポイントとは


GCIファイナンシャルはここが違う!!特徴

・レバレッジ最大200倍
メタトレーダー4採用
自動売買完全対応
・今注目のCFDも取り扱い

ここがポイント!!GCI

豊富な取引量を誇るトレーディング会社です。FX以外にCFDに対応しており、好奇心旺盛なトレーダーのニーズに答えます。

取引プラットフォームはGCI ICTSとメタトレーダー4を採用しており、チャート分析はもちろん、自動売買にも完全対応のトレード環境を実現しています。

レバレッジも最大200倍ですから、言うことはありません。

クレジットカード(PAYPAL方式のみ)による入出金手続き、日本語サポートも備えており、日本国内のトレーダーにとって必要な要素を備えた海外業者だと言えるでしょう。

GCIの取引について

                                             
スプレッド 最大レバレッジ取引最小単位 新規取引手数料 決済取引手数料
2銭〜 200倍 1万通貨単位0円0円
デモトレード自動売買取引ツール 取引通貨ペア システム安定度
- 完全対応 GCI ICTS
メタトレーダー4
17通貨ペア

入出金について

初回入金額 入金手数料 出金手数料 クレジットカード入金 入金反映
設定なし お客様負担 お客様負担 ○(PAYPAL方式のみ) クレジットカード入金の場合、
1両日

注文・取引機能

                   
成行注文 指値 逆指値 OCO イフダン トレール モバイル対応 その他
DocomoPDAでのみ取引可能

サポート

日本語サイト 日本語サポート 信託保全
あり。取り引きシステムも
含めて日本語化。/FONT>
日本人担当者1名。
不在の時が多く、
音信不通になることが多い。
分別保管

海外FXの業者選びで失敗しないためのポイント

海外FXの業者は安易に選ぶと大変なことになります。なぜか?当然のことながら、海外の業者で、その国の法律にしたがって運営されているわけですから、最悪の場合、潰れて資金が帰ってこないなんてことも考えられます。

日本では当たり前の信託保全ですが、海外の多くでは義務化されていませんし、アメリカではレフコという業者が潰れた時、実際に顧客の半分以上の資金が戻ってきませんでした。日本語にちゃんと対応していないところも多いですし、大切なお金を投資するのですから、十分に注意して業者を選ぶようにしましょう。

そこで、ここからは海外FXの会社を選ぶときに注意しなければいけないポイントを解説していこうと思います。>>この続きはこちらから