FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました! > 海外FXのメリットとは?またデメリットもあれば教えて!

海外FX業者って実際どうなの?管理人がレビューしました!

海外FXのメリットとは?またデメリットもあれば教えて!

海外FX取引業者とは、海外に本社を置き、海外を拠点に活動しているFX取引業者のことです。FX取引業者選びの際、最初に、国内の業者に目が行くと思いますが、日本に居住しながら、海外のFX取引業者を使って取引を行うことも可能です。ある程度経験を積んだ投資家の中には、海外FX取引業者の利用を考える人もいるでしょう。

ただ、海外FX取引業者を使うことへの関心は高いものの、言語の問題などから、口座開設に消極的な人も多いかと思います。

もっとも、この点に関しては、日本語で対応している業者も多いので、現地に行く必要もなく、日本で口座開設や実際の取引を行うことができます。また、出入金に関しても、クレジットカードがあれば、ほとんど手間はかかりません。日本のFX取引業者と比べても大きな差は感じられないと思います。

今回は、こうした海外のFX取引業者を使う上でのメリットと、デメリットについて取り上げたいと思います。

海外FXのメリット

海外のFX取引業者を使う魅力の一つとして挙げられるのは、レバレッジの高さです。

現在、法令の定めにより、個人のFX取引については、レバレッジは最高25倍までと上限が決められています。規制が実施される以前に高いレバレッジで取引を行っていた投資家にとっては、物足りなさを感じる制度といえるでしょう。

一方、海外のFX取引業者は規制の対象外であるため、日本国内のレバレッジ規制は影響しません。その業者が属している国の法律が変わらない限り、100倍を超える高いレバレッジでの取引も可能です。ハイレバレッジで大きな利益を狙いたい投資家にとっては、この上ないメリットの一つと考えられます。

また、海外FX取引業者の中には、追加証拠金をゼロとするサービスを実施している業者があります。FXの取引を行っている間、証拠金は、為替相場の変動に伴って増減します。

証拠金がある一定の割合(ロスカットレベル)を下回ると、投資家の意思に関わらず、取引を自動的に決済するロスカットが実施され、預けた証拠金を超える損失の発生を回避しています。

もっとも、戦争やテロ、金融危機、自然災害などにより、極めて大きな損害が発生することによって、為替相場が急激に変動することがあります。こうした場合には、為替相場がロスカットの水準を大きく割り込んでしまい、預け入れた証拠金以上の損失が発生する、ということもあり得ます。

このような状況に陥ると、国内のFX取引業者の場合、追加の証拠金を預け入れることが(いわゆる追証)求められます。一方、上で述べた通り、海外のFX取引業者のなかには、損失が証拠金を上回った時点で速やかに決済し、「追証ゼロ」のサービスを実現している業者があります。

全ての業者で提供しているサービスではないようですが、国内の業者の中に、実施している業者が見当たらないこともあり、海外業者を使う魅力の一つということができます。

海外FXのデメリット

以前は、海外のFX取引業者を使用する際、出金時にかかる手数料が、デメリットの一つとして取り上げられることもありましたが、最近は、出金手数料を無料にする業者も増えています。こうした例にみられるように、国内、海外の業者間の取引上の相違に伴うデメリットは、今後も徐々に解消されていくと考えられます。

一方、国内と海外の制度上の相違に起因するデメリットについては、引き続き留意が必要です。例えば、メリットとして取り上げた上述のレバレッジについてです。

通常、高い利益(ハイリターン)が強調されがちな海外業者のレバレッジですが、数百倍もの高いレバレッジは、半面、大きな損失(ハイリスク)にもつながります。FXの初心者や、経験の浅い投資家などは注意が必要です。

また、投資家資産の安全性についても気を配る必要があります。

以前、国内では、複数のFX取引業者が破たんした際、業者による資金流用によって顧客に証拠金が返還されなくなる、といった事態が頻発しました。

こうしたことから、国内のFX取引業者に対しては、投資家からの証拠金を自社の資産と明確に分別し、全額を信託銀行などへ預け入れる(信託する)信託保全が義務づけられました。このため、現在は、国内のFX業者を使用すれば、投資家の資産はある程度保護されることになります。

一方、海外のFX取引業者の場合、分別管理(顧客の資産とFX取引業者の財産を区別して管理すること)は行っていても、必ずしも信託保全まで実施されているとは限らず、管理方法は業者によってまちまちです。

海外の業者によっては、破たんに伴う資産消失のリスクも、なお、存在する場合がある、ということになります。

このように、信託保全の義務化やレバレッジの上限規制など、法的な定めがあることから、国内業者の使用であれば、事前確認の必要のない項目に関しても、海外業者の使用の際には、確認が必要となる訳です。こうした労力はデメリットと考えることもできるでしょう。

現状、海外のFX取引業者の使用には不安が残るのも事実です。実際、かなり悪質な業者も存在するらしく、無免許による事業運営や出金トラブル、虚偽記載の例も報告されているようです。業者の安全性を見極めるためにも、自身による事前調査は必要でしょう。

例えば、金融庁では、ホームページにおいて、海外FX取引業者についても、国内で取引を行う場合には、原則、金融商品取引業の登録が必要であることを記載し、無登録の海外業者による勧誘に注意するよう、呼び掛けています。

登録業者かどうかは、金融庁のホームページで確認できるので、事前にチェックしておきましょう。

以上を踏まえ、海外のFX取引業者5社について、最大レバレッジ、追証の状況、顧客の資産管理方法についてまとめたので、参考にしてください(一部、確認の取れない項目あり)。

YouTradeFX IronFX FXcast IFCMarkets MIG BANK
最大レバレッジ 300倍 500倍 400倍 400倍 500倍
追証 ゼロ ゼロ ゼロ
資産管理方法 分別管理 分別管理 信託保全 分別管理 信託保全

(各種資料を基に筆者作成)

海外FXの業者選びで失敗しないためのポイント

海外FXの業者は安易に選ぶと大変なことになります。なぜか?当然のことながら、海外の業者で、その国の法律にしたがって運営されているわけですから、最悪の場合、潰れて資金が帰ってこないなんてことも考えられます。

日本では当たり前の信託保全ですが、海外の多くでは義務化されていませんし、アメリカではレフコという業者が潰れた時、実際に顧客の半分以上の資金が戻ってきませんでした。日本語にちゃんと対応していないところも多いですし、大切なお金を投資するのですから、十分に注意して業者を選ぶようにしましょう。

そこで、ここからは海外FXの会社を選ぶときに注意しなければいけないポイントを解説していこうと思います。>>この続きはこちらから