FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > レバレッジ規制後も高レバレッジで取引できるこんな方法 > レバレッジ規制の抜け穴とは?〜規制が実施されたあとの取扱業者選び〜

レバレッジ規制後も高レバレッジで取引できるこんな方法

レバレッジ規制の抜け穴とは?〜規制が実施されたあとの取扱業者選び〜

FXのレバレッジ規制が2010年8月からスタートし、レバレッジが50倍までに規制されました。さらに、今回の規制ではレバレッジは25倍まで制限されます。

2011年8月からは25倍に規制され、国内のFX取扱業者を利用するユーザーが減ってしまう可能性があると、国内のFX取扱業者の中ではユーザーが海外のFX取扱業者に移動しないように、キャンペーンやサービスに力を入れているようです。


ただ、個人的には、海外FXをやらないメリットはないと思いますけどね・・・


さて、FXのレバレッジ規制の対象になっているのは、個人投資家なので法人は規制の影響を受けることなく、今まで通りの高い倍率のレバレッジでも取引が行えます。


また、海外のFX取扱業者もFXのレバレッジ規制の対象になっていません。


ですから、個人投資家がFXのレバレッジ規制の影響を受けずに高い倍率のレバレッジで取引が行える業者は、海外のFX取扱業者だといえます。


海外のFX取引でもレバレッジの規制やそのほかの取引に関わる規制がある場合もあるので、業者を選ぶときは情報を集めてから決めるとよいでしょう。


海外のFX業者を利用するときに問題になるのが、言語や時差などの問題があります。


時差に関しては、FX取引は24時間可能なので、FX取引をしているときはあまり時差を感じることはないでしょう。


しかし、システムのエラーなどのトラブルが起きたときに、海外のコールセンターが対応してくれるか心配ですが、海外のFX取扱業者の中には、日本に支店があって、日本のFX取扱業者と同じように取引を行っている業者もあります。そこを利用すれば、時差の問題は解決するでしょう。


そして、言語の問題ですが、これも日本に支店を持つ海外のFX業者や海外のFX取扱業者で日本に支店を持たない業者でも、現地の日本人スタッフが対応してくれるので、言葉の問題がないところが増えています。


例えば、「AVAFX」や「MIG」、「FXCM」などは、日本人のスタッフがおり、日本語で電話やメールなどの対応をしてくれるので安心して取引が行えます。


また、現在は、インターネットを利用して取引を行っているユーザーも多く、一般家庭でもインターネットを普段から使っているという家庭も増えているので、新規で口座を申し込む場合もインターネットを利用して日本語で表示されたホームページから申し込むことができます。


このように、FXのレバレッジ規制の影響を受けない海外のFX取扱業者を選ぶことで、高い倍率のレバレッジを活用して取引を続けることができます。


しかし、海外のFX取扱業者に不安を感じて、日本国内のFX取扱業者を選ぶユーザーもいるでしょう。


この場合は、通貨単位が少なく取引ができるところを選びます。


例えば、1,000通貨単位から始めることができる「外為どっとコム」や「セントラル短資」などがあります。
また、FXのレバレッジ規制の影響からか「マネーパートナーズ」では100通貨から取引が可能になっているようです。

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。