FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > レバレッジ規制後も高レバレッジで取引できるこんな方法 > レバレッジ規制の影響は?みんな海外FX業者に流れる?

レバレッジ規制後も高レバレッジで取引できるこんな方法

レバレッジ規制の影響は?みんな海外FX業者に流れる?

すでに2010年のレバレッジ規制が始まってから、しばらく経ちましたが、引き続き日本のFX会社で取引をされている方は、いかがでしょうか?やはり少ない証拠金で取引をされている方はけっこうダメージを受けられたのではないかと思います。(私のように・・・涙)

そして、そのレバレッジは、今回の規制(2011年8月)により、25倍にまでレバレッジの制限がかかりました。これはかなりきついですよね。

これまで、具体的には、1米ドル100円換算で1万通貨の取引でレバレッジ400倍の取引をすると、証拠金は2,500円になりますが、FXのレバレッジ規制(25倍)後は、証拠金は40,000円になります。


このように、レバレッジの規制が始まったあとは証拠金が高くなります。
ですから、少ない資金でレバレッジを活かして取引を行っていたユーザーにとっては証拠金が用意できないなどの問題が出てくるでしょう。


今までのように証拠金の金額を2,000円代にしようとすると、ユーザー1人当たりの保有高が減ることになります。


具体的な例に証拠金2,000円を当てはめてみると、1,000通貨単位の取引になることが分かります。


このように、1人当たりの取引高や保有高が減る可能性があるので、FX取扱業者は会社の運営に影響を受けることになるでしょう。


その他には、多くのFX取扱業者が取引できる通貨単位を1,000通貨単位や100通貨単位にして、FX取引をしやすいようなサービスを取り入れる業者が増える可能性が高くなります。


今回のFXのレバレッジ規制は、日本国内のFX取扱業者に対して行われるので、海外のFX取扱業者は規制の対象になっていません。


そのため、日本国内のFX取扱業者を利用していたユーザーが高い倍率のレバレッジを利用する取引を続けるために、海外のFX取扱業者に切り替えるという動きもあるでしょう。


そして、日本国内の業者の中には会社の運営が成り立たなくなり、倒産するという影響も考えられます。


海外のFX業者の場合に言葉の心配などがありますが、口座を開設するときは日本語で表示されたホームページで申し込みができますし、インターネットを利用すれば、海外のFX取扱業者での取引ができます。


また、海外のFX業者にも日本人のスタッフがいるので、電話やメールでの問い合わせなどにも対応しているところが増えています。


FX取引は、インターネットを使って24時間取引ができるので、高い倍率のレバレッジで取引が続けられる海外のFX取扱業者が注目を集めることになるでしょう。


今回のFXのレバレッジ規制は、個人投資家やFX取扱業者から「FX取引は、ユーザーの自己責任であるため、規制は必要ない。」という意見も多くあったようですが、金融庁が正式に改正案として成立させましたので、経済の動きなどにも影響があると予測されています。

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。