FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXプライム byGMO徹底特集! > チャートナビプライムを使ってわかった、良かった点・惜しい点

FXプライム byGMO徹底特集!

チャートナビプライムを使ってわかった、良かった点・惜しい点

テクニカルチャートで為替相場のトレンドと強さを確認することを重視する私が、チャートナビプライムを実際に使って、これは良かった、ここが惜しかった、と思ったことを本音でお話しします。

テクニカルチャートは複数画面表示がおすすめ

私が新しくポジションを保有する際、最初に確認する為替情報は、テクニカルチャートでの相場のトレンドと、その強さです。


なるべく損失リスクを抑えながらトレードを行うことが、取引の基本だと考えていますので、今後の展開を予想しやすい相場を見つけて、取引に参加しています。しかし、多くのFX会社で提供しているテクニカルチャートは取引システムに付属されている程度で、画面数やチャートの種類が少ないと感じていました。


FXプライム byGMOでは、テクニカルチャート情報専用の「チャートナビプライム」というツールを提供しています。最大4ウィンドウを表示することができ、他通貨や複数の時間足などで徹底的に対象通貨を解析することができます。

FXプライム byGMO特集記事(4)画像.jpg
(チャートナビプライム 4画面表示)


デイトレード主体でトレードを行う場合には、5分・15分足・30分足、スィングトレードであれば15分足と1時間足・日足のように、複数の時間足を組み合わせてトレードを行っていましたので、複数画面表示のチャートツールはとても有効な機能でした。


使い勝手は良いが、取引システムと連動していないのが惜しい

しかし、チャートから直接の注文やアラートメールを設定することはできないので、このツールで取引を行うことはできません。「チャートナビプライム」はあくまでテクニカルチャートを提供するだけの情報ツールで、取引システムと連動しているわけではありません


他のFX会社では、チャートと取引システムが連動しており、ポジション保有時のレートや指値・逆指値ラインを明示することができるチャートもありますので、もう少しトレードシステムと関連性があってもよいと感じました。


取引システムと同時に立ち上げても、パソコンにそれほど負荷はかかりませんでしたので、使いやすいさは良いと思います。


シグナル表示を使って効率的なトレードをしよう!

4画面表示以上のツールを提供しているFX会社もありますが、これ以上細かくしても数字やテクニカルラインなどを見ることができませんので、適切な画面数だと感じます。また、各テクニカルチャートにはシグナルを表示させることができます


私がよく使用する一目均衡表は、雲の上下上抜けや反転、遅行線のロウソクチャートの上下上抜け、転換線と基準線の反転などシグナル項目が非常に多く複雑で、うまく使いこなすことができませんでした。


チャートプライムナビにはシグナル表示をボタン一つで設定することができますし、独自の「シグナル表」を表示させることができますので、ファンダメンタル要素を組み合わせたシステムトレードを正確に行うことができました。


株式会社FXプライムbyGMOの最新のキャンペーン情報を今すぐチェック
株式会社FXプライムbyGMOについての詳細・口コミはこちら

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。