FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 外為ジャパン & FXA証券 > 外為ジャパンの使ってみての評判(メリット・デメリットなど解説)

外為ジャパン & FXA証券

外為ジャパンの使ってみての評判(メリット・デメリットなど解説)

スプレッドの狭さで有名な外為ジャパンを使っています。確かに低スプレッドはうれしいですが、ちょっと気になる点があるのも事実です。実際に数年外為ジャパンで取引をしてきて感じたメリット・デメリットを本音でお話しします。
(※2011 年 4 月 2 日から社名をMJから外為ジャパンに変更したようです)

最大のメリットは低スプレッド

なんと言っても外為ジャパンの最大のウリは、 0.8銭原則固定という低スプレッドです。多くの顧客はこの低コストに魅かれて口座を持った人々です。私もそうでした。デイトレ派なのでコスト面を重視して業者を選びました。


実は、FXの世界ではスプレッドが1銭とうたっていても、実際に取引してみると相場によっては何倍にも広がってしまう事があります。外為ジャパンの場合「基準スプレッド配信率」というのをホームページで公開していて、取引の99.98%が0.8銭以下で約定していることを明示しています。ドル/円以外にも、固定スプレッドを適用している主要6通貨ペアについて実績を公開していて、こういう姿勢は評価できますね。


実は取引をはじめた頃は、この低スプレッドとともに、200倍とも300倍とも言われていたレバレッジも自分にとっては魅力的でした。しかし、その後の法改正で今は50倍にまで下がり、2011年8月からは25倍に下がってしまいます。


素早く注文を出せるのが便利


外為ジャパンの取引ツールは、ブラウザ対応だからパソコンが変わっても使えるもの、インストールして使うもの、モバイルやスマートフォンにも対応しています。私は自宅では「外為ジャパンFX PRO」、外出先では「外為ジャパンFX iphone」を使っています。


FX PROの良い点は、1画面で多くの情報が表示されるので、画面移動やポップアップがなくて済むことと、ワンクリック注文でスピーディな注文ができることです。デイトレは素早さが命ですから。あと、外為ジャパンのFX iPhoneはブラウザ型なので、インストール型に比べてレスポンスが早いので気に入っています。


システムの評判はイマイチ


多くの口コミにもありますが、ここのシステムは評判があまりよくありません。特に顧客数が急に増えた2008年あたりが不評のピークでした。


その当時は、ログインにかな〜り(笑)時間がかかり、おまけに約定力が弱く、なかなか注文が確定しなかったり、しても大幅にスリップページを起こしていて不利な金額で約定してしまったりすることが何度もありました。。。涙
システムダウンでメンテ中なんて、何度あったか分かりません。


特に辛かったのは経済指数発表時です。雇用統計で21Pips(2.1銭)、ISMで15Pips(1.5銭)以上もスリップページしたことがありました。統計発表の時は値動きが激しくなるのである程度は仕方ありませんが、ちょっとにこれは滑りすぎですよ〜っていいたくなりました。


そういったこともあって、2009年にはとうとうシステム障害やその対応の時に違法な損失補てんをしたことが問題になって、行政処分を受けてしまいます。


ただ、現在ではサーバを増強したり第三者機関にシステム診断を依頼したりして、いろいろ努力はしているみたいです。確かにシステムの動きも約定力も比較的良くなった印象はありますが、だからと言って他社と比べてすごく良くなったというわけではなさそうです。


もう少し情報があってもいいのに・・・


コストが安いのであまりぜいたくは言えませんが、外為ジャパンはセミナーやレポートといった投資に役立つ情報があまりありません。マーケット情報の配信が多少あるくらいです。


削るところを削ってより安く、という戦略も分かりますが、ここまで情報がないと外為ジャパンだけでFXをするのはちょっと難しいです。メイン扱いかサブ扱いかはともかく、他社との併用は避けられないかなと思います。


外為ジャパンの最新のキャンペーン情報を今すぐチェック
外為ジャパンについての詳細・口コミはこちら


※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。