FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > オリックスFX &上田ハーロー > 上田ハ−ローでのFX失敗談

オリックスFX &上田ハーロー

上田ハ−ローでのFX失敗談

私が上田ハーローで大損した時の失敗談をお話しします。きっと誰もが陥ってしまう可能性のあるFXの罠です。私にとっては高い授業料になりましたが、この話を聞くだけで、あなたの投資生活に役立つかもしれません。

私が上田ハーローを選んだのは、これまでと違った投資スタイルを試してみようと思ったからです。それまではどちらかと言うと短期投資志向で、どんなに長くても数週間以上は保有しないスタイルでした。


上田ハーローはスワップポイントが高く、長期投資向きの業者です。また、レアな通貨の取り扱いも豊富です。例えば、南アフリカランド/円は14〜22円と、期間によっては業界トップです。同じくスワップが高めの外為オンラインやフォーランドオンラインなどは、15円程度です。


金利だけで完全にトップと言うわけではありませんが、短資会社という銀行間取引を行う金融のプロで、日本に3社しかない信用度は抜群です。また、「FXmuseum」というホームページとは別のFX専門サイトに魅かれたのもあります。


始めてから感じた戸惑い

デモトレードで取引ツールの操作や動きを確認してみました。表示項目も十分だし、シンプルで使いやすく、約定力も高く気に入りました。

仮想FXで利益を出して気分をよくしたところで、さっそく長期投資向きの低レバレッジコース「外貨リザーブ」に口座を開設し、トレードを開始しました。


金利の高さで有名な豪ドルもいいですが、南アフリカランドやノルウェークローネというレア通貨にも挑戦しようと思ってポジションに追加しました。リスクはありますが、自分はもう初心者ではないという自負があり、情報収集や分析には自信がありましたから。


いざ始めてみると、レア通貨の相場の激しさにまず驚きました。動きの幅が大きい、上げ下げが頻繁に交代する、特にニュースもないのに急変するなど、チャートはジグザグな形をして、トレンドもへったくれもありません。


これまでの経験から、私の頭の中で売りアラームが鳴るので、あわてて決済することに。損失決済注文を出したが、これがなかなか約定しない。結局予想以上にマイナスになってしまいました。


しばらくしたらまた上がり始め、この勢いならと買い注文、またも不穏な動きで高値づかみの損失決済、完全な負けパターンにハマりました。


スワップ狙いはチャートに惑わされてはいけない

これは、レア通貨慣れしていない短期トレーダーが起こしがちなミスです。チャートの動きを観て売買を決定する習慣がついているので、長期的なスワップ狙いにもかかわらず、つい目先の値動きで決済してしまいがちです。


レア通貨は短期的に見ると動きが滅茶苦茶ですが、長期的に見ると主要通貨に比べて安定して上昇していることがよくあります。


スワップ狙いはチャートに惑わされず、どっしり構えて運用しなければいけません。


頭では分かっていたつもりでも、トレードスタイルはそう簡単には変えられず、大失敗しました。今ではチャートを5分足や1時間足で見ないようにし、週月単位で確認するようにしています。


デモトレードとリアルトレードの違い

デモトレードで気を良くしていた、というのも今回の失敗の原因でした。当たり前のことですが、デモトレードはリアルトレードとは違います


お金が自分のものではないので、プレッシャーを感じずに取引できるのが、デモで勝てて本番で負ける理由と言われていますが、それだけではありません。


最大の違いは、約定力です。実際の相場では指標の発表や時間帯によって多くの人が注文を出すのでなかなか好きな価格で取引ができないのですが、デモトレードはデモをしている人しか使っていないので、サクサク約定します。

それで有利な価格で約定して儲かっても、本番ではそうはいかないですよね。


このように、今回の失敗で分かったことは、

・スワップ狙いは短期のチャートに惑わされてはいけない!
・デモトレと実践の違いは約定力にあり!

です。今後の教訓にします。

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。