FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > レバレッジで比較 > FX業者をレバレッジで比較する!!

レバレッジで比較

FX業者をレバレッジで比較する!!

FX取引では、最初にFX取引業者に証拠金(保証金)を預け入れ、それを元手に、 何倍もの通貨を購入する投資が可能です。この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)のことをレバレッジといいます。

例えば、1ドル=100円のときに、証拠金10万円を業者に預け、1万ドル(100万円)購入する取引を想定します。

このとき、レバレッジは、100万円(取引金額)÷10万円(証拠金)=10倍となります。言い換えれば、レバレッジが10倍に設定されていると、証拠金として10万円を業者に預けた場合、最大100万円の取引が可能となる訳です。

次に、この例(1ドル=100円、証拠金10万円で1万ドル購入)で、為替相場が円安ドル高方向に動いた状態の影響を確認します。

決済時レート 1ドル=101円(円安ドル高)
レバレッジ10倍 レバレッジなし
決済時のドルの価値 1万ドル×101円=101万円 1千ドル×101円=10.1万円
利益
(証拠金の変動)
+1万円
(10万円→11万円)
+1千円
(10万円→10.1万円)
利益率 +10% +1%

レバレッジの有無で、結果の比較を行うと、取引金額、利益ともに10倍となっています。次に、同じ例で、為替相場が円高ドル安方向に動いた状態の影響についても確認します。

決済時レート 1ドル=(円高ドル安)
レバレッジ10倍 レバレッジなし
決済時のドルの価値 1万ドル×99円=99万円 1千ドル×99円=9.9万円
損失
(証拠金の変動)
▲1万円
(10万円→9万円)
▲1千円
(10万円→9.9万円)
利益率 ▲10% ▲1%

レバレッジの有無で結果を比較すると、取引金額、損失ともに10倍になっています。これらの比較から、レバレッジの存在により、FX取引では、預け入れた証拠金よりも大きい金額の取引が可能となることに加え、利益および損失の金額も大きくなることがわかります。とりわけ、損失の大きさには留意が必要です。

レバレッジの上限を定める規制

かつては、100倍を超える高いレバレッジを設定する業者も多く存在しており、多くの投資家が高いレバレッジによるハイリターンを目指して取引を行っていたようですが、2011年8月1日以降は、法令の定めにより、個人のFX取引について、レバレッジの上限が最高25倍までと決められています。

レバレッジの上限を定める主な理由の一つとしては、投資家の資産を保護する目的が挙げられます。この点について、ロスカット・ルールとの関わりで確認します。ロスカット・ルールとは、証拠金がある一定の割合を下回った場合、投資家の意思に関わらず、取引を自動的に決済するルールのことです。証拠金以上の損失が発生しないためのリスク管理といえるでしょう。

例えば、証拠金10万円の取引のとき、1ドル=100円から1ドル=98円の円高ドル安方向に相場が変化した状態で、損失20%で自動ロスカットが実施されると想定した場合、レバレッジ10倍と5倍の2通りで比較してみます。

1ドル=100円 → 1ドル=98円
レバレッジ10倍 レバレッジ5倍
変動 1万ドル×100円 =100万円 1万ドル×98円 =98万円 5千ドル×100円 =50万円 5千ドル×98円 =49万円
損失 ▲2万円 (10万円→8万円) ▲1万円 (10万円→9万円)
ロスカット 20%の損失となりロスカット実施 10%の損失にとどまりロスカットなし

同じ為替相場でも、レバレッジ10倍の取引ではロスカットが実施され、5倍の取引では実施されません。このことから、レバレッジが低ければ、ロスカットが実施される損失もしくは為替相場への到達が比較的遅いことがわかります。

つまり、レバレッジの上限を定め、ロスカットの発生による損失確定を少しでも遅らせることで、投資家の資産を保護する意図がみてとれます。

FX取引業者のレバレッジ確認

このように、レバレッジ規制の実施以降、各業者のレバレッジは、個人向けについては最大25倍に設定されているので、レバレッジの高さに注目するならば、業者間に差は見られないのが実情です。

他方、業者によるレバレッジの扱いについては、大凡以下の2通りに区分できます。一つは、上限である25倍のみで取引が可能な業者です。例えば、DMM FXやIGマーケッツ証券(原則25倍固定、一部通貨ペアは異なる)などでレバレッジを25倍に固定しています。

もう一つは、レバレッジをいくつか用意し、投資家側で選択可能としている業者です。例えば、FXを始めたばかりの初心者のなかには、レバレッジは25倍でも高いと感じる投資家がいると思います。

最初は5倍程度に設定して取引し、経験を積んで、FX取引に慣れていくに連れて、徐々に、レバレッジの方も引き上げていきたい、と考える投資家もいるでしょう。そのような投資家にとっては、レバレッジが選択可能な業者の方が有効です。

以下、個人向けの取引でレバレッジの選択が可能なFX取引業者を表にまとめました(業者によって開示方法が異なります)。

個人向け取引のレバレッジの業者間比較
1 2 5 10 15 20 25
外為ジャパン
マネックスFX
みんなのFX
YJFX!
ライブスター証券 5倍〜25倍まで4コースを用意
FXトレーディングシステムズ 1倍〜25倍
FXプライム byGMO 0.8倍〜25倍

(各社ホームページなどを基に作成)

なお、個人向けの取引については最大25倍に設定されていますが、この規制は、法人向けのFX取引は対象外です。したがって、法人向けのレバレッジは高めに設定されています。

実際、業者による法人向けのレバレッジを確認すると(下表)、個人向けに比べて、極めて高いことがわかります。個人投資家には必要ない情報ですが、将来、法人化してFX取引をしようと考えている投資家には参考になるでしょう。

法人向け取引のレバレッジの業者間比較
1 2 5 10 15 20 25 33 40 50 100 200
外為ジャパン
マネックスFX
みんなのFX
YJFX!
ライブスター証券 最大200倍までの取引が可能

(各社ホームページなどを基に作成)

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。