FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FXツールを実際に利用して徹底検証 > ひまわり証券のチャートのポイントをまとめてみました。まず約定力が・・

FXツールを実際に利用して徹底検証

ひまわり証券のチャートのポイントをまとめてみました。まず約定力が・・

約定がいくら早くても、約定までの操作が複雑だったり、操作に時間がかかるようでは意味がありません。簡単に操作ができて、約定までの流れがスムーズなのか?という点は重要なポイントです。

「狙った価格で約定できる」と評価の高いひまわり証券のチャートのポイントをまとめてみましたが、「ひまわりFX PRO」は約定できるスピード以外にも使えそうな機能がいくつかありました。


001.jpg


ほとんどの操作をドラッグ&ドロップで


ほとんどの操作といっても、どういう操作?
という感じですが、例えばこんな感じです。
レートの一覧から通貨ペアを選択しマウス操作で…

>> 注文画面に移動させると…選択した通貨ペアの注文画面に
>> チャート画面に移動させると…選択した通貨ペアのチャート画面に

というように、本当にマウスだけで簡単に操作できます。ですので、注文までの操作や、気になる通貨ペアのチャートを見て確認といった操作などがとても簡単。

そのため、チャートの確認、注文、注文後の変更などの操作についての時間短縮効果は高いです。確かに、このこだわり感は評価できます。


注文も簡単・便利

・ワンクリック注文
ひまわり証券の特徴の一つの「約定スピード」を生かすためには、早く注文画面を表示させ、早く簡単に注文できなければ意味がありません。

その「スピード勝負」のための機能の一つ「リアルタイムレート」は、通貨ペアや注文数量をあらかじめ設定しておくことで「クリックするだけで注文発注」ができる機能です。
確かに「ワンクリック」ですが、こういった機能は他社のチャートソフトにもついている機能ですので、目新しさは感じられませんが、上記のドラッグ&ドロップ機能と併用すれば、発注するまでのスピードが大幅に短縮されるという点ではおすすめです。


その他にもこんな便利な便利機能もついています。


〜注文〜
「ひまわりFX PRO」には、表示したチャート上にマウスを合わせて右クリックするとマウスオンレートでの指値注文を選択できます。
これを利用すると、選択した通貨ペアの画面上に表示される分析ツールや自身で引いたライン上で右クリックして、「ここで注文」といった直観的な注文操作を簡単に行えます。


〜変更〜
さらに、注文したポジションの約定ラインを表示させることが可能ですので、注文価格ラインを画面上でずらす(ドラッグする)だけで注文価格の変更ができます。この機能を使えば、現在値と注文やポジションの位置関係が一目で分かりますし、注文変更もチャートを分析しながら簡単に行えますので、とても便利です。
・・・この機能はとても便利で、早いという特徴よりも、この注文〜変更までの機能が一番気にいってしまいました。


多彩なカスタマイズ機能


「ひまわりFX PRO」は、画面のカスタマイズが自由自在です。
基本的には、「4パターンの画面レイアウト」を作成して、「ワンクリックで切り替える」ことができるのですが、ここでもワンクリックで完了してしまいます。
(最初の設定については少し複雑に思えるかもしれませんが・・・)

また、カスタマイズした内容やトレンドラインなどは次回に引き継ぐことができるので、使えば使うほど「ひまわりFX PRO」の画面が、自分のトレードのスタイルに合わせて進化していくと思えば、取引がだんだん快適に楽しくなっていくのではないでしょうか。

他社のチャートでもカスタマイズは可能ですので、大きな特徴とは言えないかもしれませんが、リアルタイムなニュースも同じ画面に表示できるのは、ありがたい機能です。


多機能なチャート


テクニカル指標も40種を超え、基本的なテクニカル指標をベースにした売買サインを表示させることもできます。さらにチャートにこれまでのトレード記録がつけられるなど、取引に役立つさまざまな機能が満載です。

この記録がつけられるというのは、後々自分のトレードを振り返る意味でもいい機能です。意外とその場の勝ち負けだけしか考えず、頭は次のトレードでいっぱいになってしまうので、時々振り返ってチェックするには大変役立ちます。

約定スピードの速さを生かすためにも、チャート画面を素早く表示させたり、注文や注文後の変更もマウスだけで操作が完了する「ひまわりFX PRO」はスピード勝負のFXにとっては強い武器になるのではないでしょうか。


「約定率100%」をうたっているひまわり証券ですが、本当に100%なのか?


いろいろな評価をみていると、全体的に約定率は高そうです。
ただし・・・「システムにエラーがでて約定できない」といったシステムエラーがよく起こっているようです。こればかりは、いくら約定率が高くてもどうしようもありませんので、システムを強化してもらうしか方法がありません。


また、チャート機能とは関係ありませんが、スプレッドの広さがひどいという評価も見受けられます。例えば「米ドル円」だと安いところではDMM FXでは原則0.5銭ですがひまわり証券では0.9線。


しかもこの0.9線が取引中にグンと開いて倍以上に広がることもしばしばあるとか・・・。最近の証券会社の傾向はスプレッド幅を狭くしてきていますので、他社と比較すると若干広い印象を受けます。


ひまわり証券の最新のキャンペーン情報を今すぐチェック
ひまわり証券についての詳細・口コミはこちら 


※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。