FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 海外のFX情報を翻訳するブログ | 海外の気になる為替情報を無料公開

海外のFX情報を翻訳するブログ | 海外の気になる為替情報を無料公開

国外の為替情報を海外FX業者マンが翻訳し、無料で公開しております。海外の知識者のコメントをまとめて翻訳していますので、RSS登録いただけると大変嬉しいです。

欧州各国の国債に需要はあるのか!"

この後、約2時間後にはスペイン短期債の入札が始まります。今週後半の為替動向を占ううえでも、ぜひチェックしておきたいですね。

「欧州各国の国債に需要はあるのか!"」詳細はこちら

アメリカの理解は得られるのか!"

日銀による「覆面介入」が行われましたが、これをアメリカが了承すれば堂々と介入を連発することが可能となります。果たして安住財務相はアメリカを説得できるのか"まさに今週前半のハイライトと言えるでしょう。

「アメリカの理解は得られるのか!"」詳細はこちら

欧州が抱える4つのジレンマとは"

今回は特別編として、欧州危機を特集したいと思います。敏腕経済記者のローレンス・ナイト氏の「欧州が抱える4つのジレンマ」を紹介します。今、欧州危機をさらに深刻化させている問題とは何なのか"その点を深く掘り下げてみましょう。

「欧州が抱える4つのジレンマとは"」詳細はこちら

介入の効果は持続するのか!"

介入が入りましたねぇ〜。ちょっとビックリするタイミングでしたが、今日の海外の投資関連のニュースも介入に関するものが多くなっています。しかし、気になるのは「効果の持続性」だと思いますが、海外の専門家はどう見ているのでしょうか"さっそくチェックしていきましょう!

「介入の効果は持続するのか!"」詳細はこちら

「円高圧力VS円売り介入」の行方とは…"

今週前半は、ユーロのソブリンリスクに嫌気をさした投資家の影響もあり、リスク回避のために円を買う動きが活発化しそうです。まさに「円売り介入とのバトル」になると思いますが、はたして海外の専門家はどう見ているのか"さっそくチェックしていきましょう!

「「円高圧力VS円売り介入」の行方とは…"」詳細はこちら

ちょっとだけよ…ユーロを上げるのは♪

ユーロの安定に向けた動きが活発化することで、投資家のリスク許容範囲が広がっています。その中で高金利通貨への買いが注目されているのですが、海外の専門家はこの流れをどう見ているのでしょうか"さっそくチェックしていきましょう!

「ちょっとだけよ…ユーロを上げるのは♪」詳細はこちら

少しずつ円安になりそうですな

少しずつ、円安になる可能性が出てきました。やっと円高是正に向けた動きが加速するのかと思いきや、対中制裁法案を米議会が可決した場合、米中間での経済戦争が勃発し、猛烈な円買いが入るかもしれません。なんとまァ、迷惑な話だこと…

「少しずつ円安になりそうですな」詳細はこちら

スロバキアが大注目!!

スロバキア…、正直、今回のニュースがなければ場所も知らないような国でした(恥)。それはともかく、スロバキアのEFSFの再投票があすにも行われる可能性が出てきました。首相の退陣と引き換えに賛成に回る政党も多くあり、なかなか目が離せないでしょう。

「スロバキアが大注目!!」詳細はこちら

ドル円の方向感は乏しいのか…

今週前半のドル円に関しては、「方向感に乏しい」との声が多く聞かれます。しかし一方で、対中制裁法案の行方や欧州金融機関に対するストレステストのニュースなど、注目したいポイントが多くあるのも事実です。そんな今週前半の為替展望を。海外の専門家のコメントと一緒にチェックしていきましょう!

「ドル円の方向感は乏しいのか…」詳細はこちら

ギリシャに「やる気」はあるのか!プン!(怒)

今週後半の為替市場ですが、やはりギリシャ関連のニュースが大半を占めています。そこで、ギリシャ関連のニュースを中心に紹介していき、また米ドルや豪ドルの動きにも注目してみましょう!

「ギリシャに「やる気」はあるのか!プン!(怒)」詳細はこちら

ユーロの行方を徹底分析!!

いつもは米ドル、ユーロ、日本円の主要通貨を中心とした記事をお送りしていますが、今回はユーロ一本に絞って紹介していきます。予断を許さない状況にあるユーロの行方を、専門家はどう見ているのでしょうか"

「ユーロの行方を徹底分析!!」詳細はこちら

ギリシャ、大ピ〜ンチ!!

ユーロが大変なことになっていますね。また、今後のドル円の動きも気になります。そんな今週後半の為替展望、さっそくチェックしていきましょう!何やら豪ドルが強い動きを見せているらしいですよ…

「ギリシャ、大ピ〜ンチ!!」詳細はこちら

76円を継続的に割り込んだら…

いやはや、今週も日本円に資金が集まりそうは気配ですね。ドル円、ユーロ円に関しても「円高注意報」が発令されています。むしろ、ドル円に関しては「円高警報」に近いのでは"とまで感じてしまいます。そんな今週前半の為替展望をチェックしていきましょう!

「76円を継続的に割り込んだら…」詳細はこちら

今週後半は荒れそうな予感が^^;

今週前半は狭い幅のレンジになりましたが、日本時間のあす未明に行われるFOMCの記者会見以降、つまり今週後半は荒れそうな予感がします。海外の専門家もその点を指摘しており、「危険=逃げる」や「チャンス=突っ込む」のエスケープ&エントリーポイントの見極めをしっかりとしておきましょう。

「今週後半は荒れそうな予感が^^;」詳細はこちら

ユーロ円に嵐は吹くのか…"

今週前半のドル円は狭いレンジになりそうですが、ユーロ円はチョット気を付けた方が良いですね。また、それと同様にポンド円で取引されている方も、大きな変動に注意しておきましょう!

「ユーロ円に嵐は吹くのか…"」詳細はこちら

日本円は底堅いのか…

今週前半の日本円は底堅い感じですね〜。一方のユーロは上値が重たい展開となりそうで…。そんな今週前半の為替展望をまとめてみました。さっそくチェックしていきましょう!

「日本円は底堅いのか…」詳細はこちら

今週後半は軟調ですかね〜

スイスの動きも気になりますが、今週後半は基本的には軟調に推移しそうです。そんな今週後半の為替展望、海外の専門家のコメントと一緒にチェックしていきましょう!

「今週後半は軟調ですかね〜」詳細はこちら

明日の円高対策会議は楽しみですね〜

いまだスーパー円高であることに違いはありませんが、介入以外での対処も日本政府内や日銀に見られます。子の一方的な流れに、魅力ながらも日本1国でどう立ち向かっていくのか、まずは関係閣僚が集まる明日の円高対策会議に注目ですな!

「明日の円高対策会議は楽しみですね〜」詳細はこちら

協調介入はしばらくないな…

9月9日開催の「先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議」までは、介入は難しいかもしれません。パフォーマンス的な小規模の介入はあるかもしれませんが、協調介入となると、まぁ、しばらくなさそうですね…

「協調介入はしばらくないな…」詳細はこちら

EU圏から資金が引き揚げられる…

意外と知られていない事実として、EU圏には中央銀行であるECBは存在するものの、いわゆる財務省に相当する機関がないんですね。これが、今後のEU圏からの資金引き揚げの大きな要因となっており、その辺りも含めて今週前半の為替展望をチェックしていきましょう!

「EU圏から資金が引き揚げられる…」詳細はこちら

日銀の「本気」は通用するのか!"

どうやら今週前半も、外的要因に振り回されやすい日本円ですが、どんな要因が絡んでくるのでしょうか"米FOMCやバーナンキ議長の記者会見の注目ポイントなど、海外の専門家のコメントを紹介していきましょう!

「日銀の「本気」は通用するのか!"」詳細はこちら

デフォルト回避のその後も暗い…(泣)

デフォルト回避自体は喜ばしいニュースなのですが、細かく検証すると「ほころび」が多く見えることも事実です。実際、市場の目線は冷ややかであり、今後も米経済の回復は難しいとする意見で一致しています。そんな今週後半の為替展望を、海外の専門家のコメントと一緒に確認していきましょう!

「デフォルト回避のその後も暗い…(泣)」詳細はこちら

【号外】与野党間の議論が合意に達する!

デフォルト回避に向けた米議会の与野党間の議論が、上層部でやっと合意しました。おそらく、このまま採決に向かうと思われますが、これでデフォルトは何とか回避できそうです。しかし、どうも素直に喜べない事情が専門家から聞かれ、今回は【号外】として、このニュースの行方を紹介したいと思います。

「【号外】与野党間の議論が合意に達する!」詳細はこちら

8月2日の「Xデー」まで時間がないっ!

連邦債務上限引き上げの期限である「Xデー(8月2日)」までもう時間がありません。アメリカの議会では、政局をにらんだ一時的なデフォルトも心配されています。アメリカという大国の一時的なデフォルト、この1週間は、誰も経験したことがないような大きなニュースが飛び交いそうです。ニュースだけは逐一チェックした方が良いですね。

「8月2日の「Xデー」まで時間がないっ!」詳細はこちら

日本円が「やられたい放題」なんです…(泣)

いやぁ、オバマ大統領のテレビ演説は面白かったですね。けっこう「おかんむり」という感じで、怒りを表現したスピーチとなりました。さて、そんな気になる連邦債務上限引き上げの議論の行方、それにユーロに関する情報、さらには豪ドル躍進の裏側など、海外の専門家のコメントをチェックしていきましょう!

「日本円が「やられたい放題」なんです…(泣)」詳細はこちら

さぁ!金曜日が正念場だ!

今週の金曜日、22日には、米連邦債務上限引き上げの実質的な期限を迎えます。何とかして妥協案を見つけようと必死なオバマ大統領と、増税などに反発する野党とのバトル、果たしてどうなるのでしょうか"今回は、その辺りを中心に海外の専門家のコメントをまとめてみました。

「さぁ!金曜日が正念場だ!」詳細はこちら

ドルもユーロも上値が重たい!!

今週は米連邦債務上限引き上げの議論と、EU首脳会議が控えていますね。かなり大きな変動要因となりそうですので、ぜひチェックしておきましょう!

「ドルもユーロも上値が重たい!!」詳細はこちら

円が高〜い!しかもさらに円高になるの…"

いやぁ、久しぶりにドル円で78円台に突入しましたね。で、海外の多くのメディアや専門家の間では、「数日で安定して80円台を取り戻すのは難しい」という論調が大半を占めています。そんな今週後半の為替展望を、ぜひチェックしてみましょう!

「円が高〜い!しかもさらに円高になるの…"」詳細はこちら

政治的なイベントがいっぱい!

今週前半は、重要指標こそ少ないものの、米国債入札やユーロ圏財務相会合など、政治的なイベントが多く用意されています。ぜひニュースはチェックしておきましょう!

「政治的なイベントがいっぱい!」詳細はこちら

今週後半は忙しくなりそうだ!

今週前半は、どうやら静かな展開になると予想されていますが、後半は忙しそうですね〜。そんな今週の為替展望を、さっそく海外の専門家のコメントと一緒に見ていきましょう。

「今週後半は忙しくなりそうだ!」詳細はこちら

嵐の前の静けさか…

今週前半は静かな展開となりそうですが、週末にかけて忙しくなりそうですね。そんな為替展望をまとめてみました!

「嵐の前の静けさか…」詳細はこちら

日本円は上も下もフタがピッタリ!

今夜はバーナンキ議長の記者会見ですね。緩和策終了を控え、出口戦略も含めたコメントに注目が集まっています。また、ユーロの他の通貨への影響力、こちらも注意しておきましょう。

「日本円は上も下もフタがピッタリ!」詳細はこちら

円高は続くよ、どこまでも…

今週前半も、円が売られる可能性は低いと言えるでしょう。また、仮に大きく売られたとしても、ファンド筋のドル売りオーダーの餌食にならないよう、ぜひ注意しておきましょう。

「円高は続くよ、どこまでも…」詳細はこちら

欧州市場に注目!

欧州市場こそ、NY市場でのドル円を見る重要なポイントであるようです。そんな今週前半の為替展望を、海外の専門家のコメントと一緒にチェックしていきましょう!

「欧州市場に注目!」詳細はこちら

Q3は行われるのか!"

今週後半も円に資金が流れやすい格好です。しかも、バーナンキ議長が「ちょっとしたサプライズ発言」を行うなど、まだまだ乱高下しそうな気配ですね。それでは早速、今週後半の為替展望をチェックしていきましょう!

「Q3は行われるのか!"」詳細はこちら

やっぱり今週も円高キープですかね…

米ドル、日本円、ユーロの世界3大通貨に関しては、報道されるニュース内容は違うものの、「米ドルもユーロもダメ。だから日本円に資金が流れる」という構図は同じようです。そんな今週前半の為替展望を、海外の専門家のコメントと一緒に確認していきましょう!

「やっぱり今週も円高キープですかね…」詳細はこちら

今週も円高になりそうですなぁ…

今週前半の為替展望、海外の多くの専門家が、「リスク回避を目的とした円買いの可能性アリ」と述べています。そんなコメントの数々をまとめてみました。さっそく、チェックしていきましょう!

「今週も円高になりそうですなぁ…」詳細はこちら

今週末も円に資金が集まるのか!"

今週末にかけて、円に資金が流れやすい格好となっているのですが、豪ドルの利上げ観測も気になります。また、ユーロドルではユーロ安になる可能性があり、こちらもチェックしておきましょう!

「今週末も円に資金が集まるのか!"」詳細はこちら

25日の英GDP改定値は要チェック!

今週25日には、英GDPの改定値が発表されます。また、少し先の話になりますが、6月7日には豪ドルの利上げも予想されており、ぜひともチェックしておきたいポイントです。そんな今週前半の為替展望を、海外の専門家のコメントと一緒にチェックしていきましょう!

「25日の英GDP改定値は要チェック!」詳細はこちら

FOMC議事録、日本GDPなど、重要イベントがいっぱい!

今夜はFOMC議事録の公開、明日の朝には日本GDPの発表、さらに明日の夕刻には英小売売上高指数の発表。。。
う〜ん、重要イベントが盛りだくさんの週後半ですな!

「FOMC議事録、日本GDPなど、重要イベントがいっぱい!」詳細はこちら

今週も円買いが続きそうだ!

海外の専門家の間では、「今週前半も円が買われやすい環境になる」という声が多く聞かれます。そんなコメントの数々をまとめてみましたので、さっそくチェックしていきましょう!

「今週も円買いが続きそうだ!」詳細はこちら

ユーロは転換点を迎えたか!"

今週前半の為替展望をチェックしていきましょう。特にユーロに関しては、「上げやすい環境」から「上値が重い展開」へと転換しそうですので、ぜひ注意して見守るようにしておきましょう!

「ユーロは転換点を迎えたか!"」詳細はこちら

ポンド・豪ドル・米ドルが熱い!

世間はゴールデンウィークですね〜。しかし、世界では今日も為替が動いています。そんな今週も為替展望を、海外の専門家のコメントと一緒にチェックしていきましょう!

「ポンド・豪ドル・米ドルが熱い!」詳細はこちら

今週末は嵐が吹くほど重要イベントが多い!

今週末は重要なイベントが盛りだくさんです!まずは数時間後、17:30の英第1四半期GDPはチェックしておきましょう。世界中が注目している、重要なイベントですからね。その辺りの解説も含め、細かいポイントをチェックしていきます。

「今週末は嵐が吹くほど重要イベントが多い!」詳細はこちら

今週前半のユーロ円は大きく動くのか!"

今週は、前半にユーロ円、後半にドル円で大きなイベントが待っています。特にドル円に関しては、「FOMC」のバーナンキ議長のコメントは要注意でしょう。ハト派として知られるバー南緯議長がどのようなコメントを出すのか、ぜひとも注目しておきましょう!

「今週前半のユーロ円は大きく動くのか!"」詳細はこちら

ドル買い&ユーロ買いが有効か!"

先週は、市場の予想を超えて円が大きく買われる結果となりました。結果、対主要通貨で円売りのタイミングが現れており、今週前半に、その動きが活発化する可能性があります。それではさっそく、海外の専門家のコメントをチェックしていきましょう。

「ドル買い&ユーロ買いが有効か!"」詳細はこちら

今週後半の円はこう着か!"

15日にはアメリカで重要指標が発表され、ポンドの下落傾向も気になります。そんな今週後半の為替展望を、海外の専門家のコメントと一緒にチェックしていきましょう!

「今週後半の円はこう着か!"」詳細はこちら

対ポンドでのチャンス到来か!"

今週前半も多くの注目ポイントが用意されています。直近では、明日の「英3月消費者物価指数」でしょう。また明後日には米ベージュブックが発表されるなど、今週前半の為替展望をさっそく確認していきましょう!

「対ポンドでのチャンス到来か!"」詳細はこちら

米ドル&ユーロは上昇基調、ポンドは下落基調か"

今週後半にかけての為替展望を見て行きましょう。海外の専門家のコメントをまとめてみました。そうやら、米ドルとユーロには明るい兆しが見えるようですね。一方、ポンドには…

「米ドル&ユーロは上昇基調、ポンドは下落基調か"」詳細はこちら

今週後半(30日〜)の為替展望

今週後半には、米雇用統計や日銀短観、ユーロ圏の消費者物価指数など、多くの重要指標が発表されます。これらの指標はもちろん、その他の通貨の展望についてもチェックしていきましょう!

「今週後半(30日〜)の為替展望」詳細はこちら

今週前半(28日〜)の為替展望

いまだ日本では、地震関連のニュースが中心になっていますが、為替市場の世界では、そろそろ違うニュースに注目が集まるケースも見られます。地震関連の為替への影響はもちろん、それ以外の要因などについてチェックしていきましょう。

「今週前半(28日〜)の為替展望」詳細はこちら

今週後半(23日〜)の為替展望

今週後半の為替展望についてチェックしていきましょう。やはり地震関連の要因を取り上げるコメントがほとんどですが、25日には米第4四半期GDP、また今夜にはバーナンキ議長の発言が用意されているなど、他にも注目すべきイベントは多くあるのです。

「今週後半(23日〜)の為替展望」詳細はこちら

【号外】協調円売り介入は本当に行われるのか"

G7の財務省電話会談にて、先進各国が協調して円売り介入の姿勢を見せました。これにより本日の円相場は、対主要通貨で大きく値下がりしたのですが、この後の欧州市場、ニューヨーク市場での見解について、海外の専門家の速報コメントを紹介します。

「【号外】協調円売り介入は本当に行われるのか"」詳細はこちら

【号外】対主要通貨での円の動きを分析

さて、今回も【号外】とさせて頂きました。通常は、海外の専門家のコメントを紹介していますが、地震による影響が非常に大きいため、海外では経済的な側面から地震を報じる動きが活発化しています。それらの情報を集約し、号外として紹介させて頂きます。

「【号外】対主要通貨での円の動きを分析」詳細はこちら

【号外】 乱高下に要注意!

昨日時点、海外では「地震の為替への影響は、今週前半は限定的」と発表されていました。しかし、日本企業による外国資産の売却が活発化しており、乱高下しやすい環境が見られます。

そこで今回は、「号外」として、直近の状況をお伝えしたいと思います。

「【号外】 乱高下に要注意!」詳細はこちら

今週の為替展望(3月14日〜)

「これは映画なのか…"」と、津波が田畑を飲み込んでいく映像を観た時に思いました。とても心が痛く、とにかく、1日でも早く復興され、1人でも多くの命が助かることを望みます。

さて、今週の為替ですが、気になる地震の影響と、今週の注目イベント等について確認していきましょう。

「今週の為替展望(3月14日〜)」詳細はこちら

今週後半(3月9日〜)の為替展望

今週後半にかけては、米小売売上高やBOE政策金利、オーストラリアの雇用統計など、注目すべきイベントが多くあります。海外の専門家は、これらのイベントを前にどのような分析をしているのでしょうか"早速チェックしていきましょう!

「今週後半(3月9日〜)の為替展望」詳細はこちら

今週の為替展望!(3月7日〜)

今週はドル円で大きな動きがあるかもしれません。米国債入札での米金利の行方が気になりますね。そんな主要通貨の今週の展望を、海外の専門家のコメントと一緒に紹介していきます!

「今週の為替展望!(3月7日〜)」詳細はこちら

今週後半に向けての展望

ニュージーランドの大地震を受け、NZドルが対主要通貨で下落しています。今後の地震の為替への影響を含め、今週後半にかけての展望をチェックしていきましょう!

「今週後半に向けての展望」詳細はこちら

今週1週間の展望

今週1週間の展望を、海外の専門家の意見を参考にまとめてみました。どうやら、積極的にドルの買い戻しが行われる可能性は低いようですが、さっそく、チェックしていきましょう!

「今週1週間の展望」詳細はこちら

今週後半の展望

ついに対米ドルで82円台に再突入しましたが、今後の展開はどうなるのでしょうか"今週後半の展望について、詳しくまとめてみました。

「今週後半の展望」詳細はこちら

明日(21日)からの為替展望

パリで開催されたG20も閉幕し、明日はアメリカが休日なのですが、為替の世界にはどう影響してくるのでしょうか"主要通貨の展望と併せてチェックしていきましょう!

「明日(21日)からの為替展望」詳細はこちら

今週末にかけてどう動く"

緩やかにドルの買い戻しが進んでいますが、この動きは今後も続くのでしょうか"海外の専門家のコメントをまとめてみました。

「今週末にかけてどう動く"」詳細はこちら

今週の為替展望!

さて、3連休も終わり、明日からの為替が楽しみ(")ですね。今週の為替展望、海外の専門家はどう見ているのでしょうか"さっそくチェックしていきましょう!

「今週の為替展望!」詳細はこちら

明日の米GDPの影響は"

明日、アメリカで第4四半期GDPが発表され、投資の世界では大きく注目されています。しかし、「為替への影響は限定的」との声が聞かれるのも事実です。その根拠について、海外の専門家のコメントをチェックしていきましょう。

「明日の米GDPの影響は"」詳細はこちら

ユーロは上げてくるのか!"

ユーロが対米ドルで上げていますが、このトレンドは今後も続くのでしょうか"今週末から来週の週明けにかけて、ユーロの動きを中心に海外の専門家のコメントをまとめてみました。

「ユーロは上げてくるのか!"」詳細はこちら

84.50に近づけるのか!"

ドル円は現在、ホバリング(狭い幅でボックスを描いている状態)が続いていますが、直近のテクニカルを見ればドルが強い格好となっています。このまま行けば、12月以来の84.50も考えられますね。

「84.50に近づけるのか!"」詳細はこちら

2011年を専門家はこう見る

2011年、今年の為替を分析してみましょう。海外の専門家は、今年の動きをどう見ているのか、ぜひチェックして下さい!

「2011年を専門家はこう見る」詳細はこちら

ユーロの買い圧力は続く!"

ユーロと豪ドルに買い圧力が入っていますが、今週末にかけてどのような動きを見せてくれるのでしょうか"海外の専門家のコメントと一緒に見ていきましょう。

「ユーロの買い圧力は続く!"」詳細はこちら

今週後半の動向を分析!

今週後半の、主要通貨の動向を分析していきましょう。明日には「欧州中銀金融政策発表」や、米韓の合同軍事演習の終了などのイベントリスクが控えています。ぜひ詳しくチェックして、それらを要因とした変動に対応できるようになっておきましょう。

「今週後半の動向を分析!」詳細はこちら

週末の取引のポイントを紹介!

今週末、為替市場に最も大きな影響をア会えそうなイベントやリスク、北朝鮮の動向やユーロ関連の経済ニュースですが、それらを考慮すると、どのような分析になるのでしょうか"海外の専門家のコメントを見ていきましょう。

「週末の取引のポイントを紹介!」詳細はこちら

今週末にかけて忙しくなりそうだ…

ユーロの危機、FRBのGDP下方修正、北朝鮮の軍事的な挑発による日本円への影響、世界3大通貨を取り巻く今週末に向けての動向は、非常に忙しくなりそうです。ぜひ直近のテクニカルに集中して、「危ない!」と思ったらすぐに逃げ出せる準備も心がけておきましょう。

「今週末にかけて忙しくなりそうだ…」詳細はこちら

ユーロに楽観視が見られる

「ユーロの下落はしばらく続く」と、世界中の投資家が予想していたのですが、2つの要因でリスクに楽観視する動きが見えてきました。今週末、ドル円やユーロ円、また、ポンド円はどのような動きを見せてくれるのでしょうか"

「ユーロに楽観視が見られる」詳細はこちら

今夜のドル円を予想する!

ユーロに危ない雰囲気が見えますが、今夜のドル円の動きに注目してみましょう。超重要人物である、FOMCのブラード氏のコメントは絶対に要チェックです。今週のドル円の動きを決めてしまうほどに、強い影響力を持った人物ですからね。

「今夜のドル円を予想する!」詳細はこちら

G20からAPECへ…

本日でG20が閉幕し、明日からは横浜でAPECが開幕します。領土問題ばかりに注目が集まっていますが、そもそもAPECとは、参加国による貿易について話し合う機会なのです。アメリカや中国、そして日本の代表が、どのような経済的な思惑を持って話し合いに臨むのか、ぜひチェックしておきましょう!

「G20からAPECへ…」詳細はこちら

ユーロは大丈夫!"

ユーロに大きなリスクが見られ、わずか1日の取引で100pips近くも動くなど、ユーロで取引されている方にとっては忙しい日々になることでしょう。また、それと同時にポンドの動きも気になるところですね。

「ユーロは大丈夫!"」詳細はこちら

豪ドルに利上げはあるのか!"

G20も終わり、今度の焦点はFOMCやアメリカの中間選挙でしょう。しかし、ドル円ばかりに目を向けてはいけません。オーストラリアのインフレ率が非常に高いことから、明日、2日12:30に利上げされる予想も一部で出ているのです。ぜひチェックしておきましょう!

「豪ドルに利上げはあるのか!"」詳細はこちら

今週中盤はユーロ&ポンドが上がるのか!"

先週末から行われたG20では、「過度な通貨安を誘導しない」との意見で各国が一致しましたが、それでもドル安の是正につながるとは思えません。しかし、イギリスやユーロ圏で好調な指標が発表されるなど、ポンド円やユーロ円では面白そうな取引が出来そうです。さっそく、チェックしていきましょう!

「今週中盤はユーロ&ポンドが上がるのか!"」詳細はこちら

G20を海外の専門家はこう見ている!

近く開催されるG20。先進国と新興国20カ国による、今回は経済が話題の中心となりそうですが、そこに現在の通貨戦争を終結させる要素は見つかるのでしょうか"海外の専門家の意見をさっそくチェックしていきましょう。

「G20を海外の専門家はこう見ている!」詳細はこちら

米ドルの買い戻しが始まるのか"

FOMC以降、「米ドルの買い戻しが始まるのでは"」との憶測も市場では見られますが、はたして買い戻しの動きが本格化することはあるのでしょうか"そこで、「米ドルの買い戻し」に関する海外の専門家の意見をまとめてみました。さっそく見ていきましょう!

「米ドルの買い戻しが始まるのか"」詳細はこちら

G7で為替はどうなっていくのか"

G7の会合内容、日銀の介入の可能性、アメリカの金融緩和策、欧州のリスク、このところの為替市場は、考慮すべきポイントが多すぎますね(笑)。混乱される方も多いことでしょう。そこで、特に注目しておきたいポイント等を、海外の専門家のコメントと共に見ていきます。

「G7で為替はどうなっていくのか"」詳細はこちら

豪ドルの利上げをチェックしておこう!

今週、最も注目すべき指標の1つと言えば、豪中銀の政策金利発表ですね。「4.50%⇒4.75%」へと利上げされる公算が高いのですが、このところ、対主要通貨で強みを見せている豪ドルに、さらなる買い材料が与えられることになるでしょう。

「豪ドルの利上げをチェックしておこう!」詳細はこちら

【号外】次の介入ポイントはどこなのか!"

アメリカや世界の市場では、日本の3回目の介入のタイミングが話題に上っています。様々な憶測が世界中で飛び交う中、私たち日本人が注目すべきポイントを抜粋し、ぜひ皆さんにも次の介入ポイントとその根拠について考えて頂きたいと思います。

「【号外】次の介入ポイントはどこなのか!"」詳細はこちら

日本VSアメリカの値下げ合戦が激戦化!

さて、なにやらユーロが対円と米ドルで上げていますね。これは、ユーロ圏の経済回復も1つの理由なのですが、それ以上に日本VSアメリカの「値下げ合戦」が激化しているためと考えられます。そんなユーロの今後の動向、そしてドル円の動向はどうなるのでしょうか"海外の市場関係者のコメントなどと一緒にチェックしていきましょう!

「日本VSアメリカの値下げ合戦が激戦化!」詳細はこちら

日銀の介入と米緩和策とのバトルか!"

24日、ついに2回目の日銀による為替介入が行われました。また、アメリカでは金融緩和策の可能性が指摘されるなど、まさに「日銀の介入VSアメリカの緩和策」とのバトルが勃発しそうです。そんな中、「何もニュースがないのが最大の吉報だ…」という、少し面白い現象がユーロ圏にも見られます。さっそく、その辺りについて見ていきましょう!

「日銀の介入と米緩和策とのバトルか!"」詳細はこちら

今週のユーロは木曜日が狙い目!

世界の市場では、日銀の今後の動きに慎重になっているほか、アメリカを除く他の国や地域では、比較的、好感が持てる予想が立てられています。とくに、ユーロでトレードしている方にとっては、今週の木曜日は注目ポイントですね。さっそく、海外情報をチェックしていきましょう!

「今週のユーロは木曜日が狙い目!」詳細はこちら

介入後の展開を世界はどう見ているのか"

ついに、日本単独による介入が行われました。「選挙で菅首相が再選し、その段階で介入が行われるかも…」と予想した方も多いと思いますが、まさにその通りのタイミングとなりました。
では、これからの展開を世界の市場はどう見ているのでしょうか"さっそくチェックしていきましょう!

「介入後の展開を世界はどう見ているのか"」詳細はこちら

口先介入から単独介入へ

口先介入を連発してきた日本ですが、口先介入は、連発するほどに効果が半減してしまいます。まさに今の日本がそうなのですが、口先に効果がないことを裏返せば、それは「本格的に単独介入が…」という憶測も呼ぶのです。
日本の単独介入と世界市場のせめぎあい、来週の動向をさっそく紹介していきます。

「口先介入から単独介入へ」詳細はこちら

円安への「踊り場」と言えるのか?

相変わらず日本円に資金が流れる構図に変化は見られませんが、多少は米ドルやユーロにも明るい材料が見え始めています。まだ「円安に振れやすい段階」とは言えませんが、米ドルとユーロの明るい兆しは、今後の円安への「踊り場」となるのでしょうか?

「円安への「踊り場」と言えるのか?」詳細はこちら

日本に打つ手はあるのか!?

日銀や政府の対応も、ほとんど効果を見せないままに泡となって消えてしまいました。もちろん、何もしないよりかはマシだったのかもしれませんが、アメリカの経済回復が本格化するまで、日本はジッと耐えることになるのでしょうか?気になる今後の為替の動向を、海外で発表されているコメントなどと一緒に分析していきましょう!

「日本に打つ手はあるのか!?」詳細はこちら

円に資金が集まる構図に変化がない…

15年ぶりに83円台を記録した先週でしたが、来週はどうなるのでしょうか?日銀と政府による使いの金融緩和策を始め、市場介入の可能性を海外のマーケットはどう見ているのでしょうか?専門家の詳しいコメントと一緒に予想してみましょう!

「円に資金が集まる構図に変化がない…」詳細はこちら

NZとオーストラリアでユーロ&ポンドチェック!

ドル安も深刻ですが、むしろユーロ安、とくに対米ドルでのポンド安は異常な感じがします。それが相対的に、今の円高水準を作っている1つの要因と言えるのですが、ユーロとポンドの動向を見やすい時間帯をご存知でしょうか?その秘密こそ、「ニュージーランド」と「オーストラリア」にあるのです。

「NZとオーストラリアでユーロ&ポンドチェック!」詳細はこちら

今の米ドルは嵐の前の静けさ!?

先週は、米ドルが比較的「頑張った1週間」と言えるでしょう。対ユーロでの上昇もさながら、対円でも円高基調に一定のストップをかけるような、米ドルへの買いが多めに入った1週間となりました。
しかし、週末に「ググッ!」と上がったことを受けると、それままさに「嵐の前の静けさ」と言えます。来週にどのような嵐が見られるのか?海外アナリストのコメントなどと一緒に確認していきましょう!

「今の米ドルは嵐の前の静けさ!?」詳細はこちら

今夜の欧州市場は要注意!

先週は円買いが進み、とくにユーロの下落が大きく目立った1週間となりました。しかし今週は、アメリカ国内やユーロ圏で、ドル買い・ユーロ買いの動きを加速させるかもしれない指標が発表されます。
それらの指標と併せて、今週の海外為替情報を紹介していきましょう。

「今夜の欧州市場は要注意!」詳細はこちら

「84円20銭」が次のターゲット!?

11日、15年以来の高値となる84円台を記録しましたが、今後のドル円の動向はどうなるのでしょうか?投機の短期筋の間では、「次のターゲットは84円20銭」という話も見え隠れするのです。
そんな主要通貨の今後の動きを、海外情報で見ていきましょう!

「「84円20銭」が次のターゲット!?」詳細はこちら

米雇用統計の波紋が広がる…

8月6日、米雇用統計が発表され、失業率に改善が見られないことが露呈されました。これを受け、週明けからの為替相場が大きく注目されることになります。
ドル売りの加速が進むのか?また、ドル以外での取引量の増加にも注意が必要と言えそうです。

「米雇用統計の波紋が広がる…」詳細はこちら

アメリカの経済減速とEU圏の経済回復

アメリカ国内で発表された指標は、残念ながら投資家の不安を増大させる結果となってしまいました。一方、日本はEU圏では、見通しの明るいニュースが見え始めていることから、さらに「円買い」の動きが強まったと思われます。

「アメリカの経済減速とEU圏の経済回復」詳細はこちら

アジア勢がユーロの動向を握っている!

このところ、ユーロの上昇が見られるようになってきましたが、私たちとしては、「その上昇は今後も続くのか?」が気になるところでしょう。

海外で発表されているコメントの中には、「アジア勢の取引こそ、ユーロの今後を握っている」とも言われているのです。

「アジア勢がユーロの動向を握っている!」詳細はこちら

今週の海外FX情報!長期エントリーポイントの予感

欧州危機以降、通貨を避難させる目的で円買い続いていますが、長期エントリーポイントを匂わせる動きも見え始めています。
海外の為替ディーラーや専門家は、そのラインを「どのあたり?」と分析しているのでしょうか?また、今後の米ドルの不振は続くのかも併せて、気になるコメントを紹介していきましょう。

「今週の海外FX情報!長期エントリーポイントの予感」詳細はこちら

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。