FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > 今週の重要指標情報 | アメリカ発の為替関係者のコメントを翻訳するブログ

今週の重要指標情報 | アメリカ発の為替関係者のコメントを翻訳するブログ

今週の経済指標と「週刊★経済塾」をご紹介!

今週から、重要指標のご紹介だけでなく、ちょっとしたコラム的な記事もご紹介することになりました。「週刊★経済塾」という、何ともベタなタイトルですが、皆さまからご哀願頂けますよう、一生懸命努力して参ります^^

「今週の経済指標と「週刊★経済塾」をご紹介!」詳細はこちら

米・豪ともに指標は良さそうだぞ

今週はオーストラリアとアメリカで多くの指標が発表されます。豪ドルの好調は続くのか、また、ドル円の今後を占う意味でもぜひチェックしておきましょう!

「米・豪ともに指標は良さそうだぞ」詳細はこちら

今週は日銀短観の発表だ!

今週は「日銀短観」や「米新規失業保険申請件数」など、いくつかの超重要指標が発表されます。流動性が高まっている為替市場において、これらの重要指標のチェックは絶対に欠かさないようにしておきましょう。

「今週は日銀短観の発表だ!」詳細はこちら

豪失業率が回復しそうです!

今週の目玉指標と言えば、オーストラリアの「失業率」でしょう。改善する見通しが出ており、発表後に豪ドルへの買いが集中する可能性があります。豪ドル関連の取引をされている方はぜひ注目しておきましょう!

「豪失業率が回復しそうです!」詳細はこちら

ユーロ関連の指標は要チェック!

今週もたくさんの重要指標が発表されますが、とくに、ユーロ関連の指標はチェックしておきましょう。不安定な変動が見えるため、わずかな要因でも大きな影響になる可能性があるためです。

「ユーロ関連の指標は要チェック!」詳細はこちら

今週はアメリカで多くの指標が出るぞ!

今週は、主にアメリカで多くの指標が発表されますが、南アフリカでは「利下げ」の予想も出ていますので、ぜひチェックしてみましょう!

「今週はアメリカで多くの指標が出るぞ!」詳細はこちら

明日のFOMCは要チェック!

明日、FOMCの政策金利が発表されます。金利は据え置きの公算が高いのですが、注目したいのは重要人物のコメントです。今後のアメリカ経済をどう動かしていくのか、そして、気になる金融緩和策の発動はあるのか、ぜひともチェックしておくことをオススメします。

「明日のFOMCは要チェック!」詳細はこちら

10月25日〜29日までの重要指標を紹介&解説!

今週も重要指標が多く発表されます。しかし、「重要指標=必ず為替に大きく影響する」というわけではありません。投資には、株も金など、他にもたくさんの商品がありますしね。そこで、重要指標を紹介しながら、特に為替に影響が出そうなものを探してみましょう!

「10月25日〜29日までの重要指標を紹介&解説!」詳細はこちら

明日もアメリカ指標がいっぱい!

今夜はアメリカで重要指標が多く発表されますが、明日もチェックすべき指標が多く発表されます。今週後半のドル円の動向を探るためにも、ぜひチェックしておきましょう!

「明日もアメリカ指標がいっぱい!」詳細はこちら

明日は米指標がいっぱい!

明日14日にはアメリカで多くの重要指標が発表されます。トータル的には買い材料とは言いにくいものが多いのですが、これでどの程度まで円買いが進むのでしょうか"さっそく、1つ1つの指標を確認していきましょう。

「明日は米指標がいっぱい!」詳細はこちら

今週前半はユーロ&ポンド、後半は米ドルで!

今週の後半は、アメリカで数多くの重要指標が発表されますが、明日(12日)と明後日(13日)はユーロ圏を中心とした重要指標が発表されます。デイトレ派の中には「ポンド好き♪」という方も多いと思いますが、イギリスでは「マイナス材料」が目立っている格好です。さsっそくチェックしていきましょう!

「今週前半はユーロ&ポンド、後半は米ドルで!」詳細はこちら

また円買いが進むのか…"

日銀の追加緩和策もむなしく、またもや82円台に突入したドル円ですが、8日に発表される米失業率は、なんと「悪化する」という予想が出ています。それに不安を感じた投資家が、またゾロゾロと円を買い始めるのか、今週末にかけてのドル円の動きは要注意です!

「また円買いが進むのか…"」詳細はこちら

明日は豪ドルの利上げか!"

今週の重要指標の中で、最も注目されている指標が明日(5日)に発表されます。オーストラリア中銀による「利上げ」が予想されているのですが、このところ強みを増している豪ドルの指標にぜひ注目しておきましょう。

「明日は豪ドルの利上げか!"」詳細はこちら

今週のユーロは重要指標がいっぱい!

以前、「何もニュースがないことが、ユーロにとって吉報だ」と解説しましたが、今週の後半にかけてユーロ圏では重要指標が目白押しとなっています。その中でも、特に影響が大きそうな指標をまとめてみました。

「今週のユーロは重要指標がいっぱい!」詳細はこちら

介入後の指標で為替を予想してみよう!

さて、昨日の午後に2回目となる為替介入が行われましたが、その後の動向予想を来週前半に発表される重要指標を参考に分析してみましょう。ちなみに、ルーマニアの通貨が「レウ」って、皆さんご存知でしたか"

「介入後の指標で為替を予想してみよう!」詳細はこちら

アメリカに明るい材料が見えたぞ!

このところ、日本にとって世界の指標は辛いものでした。主要国の指標が悪くなれば、それだけで円買いが進み、世界の経済回復の遅れを日本が尻拭いしている恰好だったのです。
しかし、今週のアメリカを見れば、なかなか明るい材料が目白押しです。さっそく、重要指標の数々を紹介&分析していきましょう!

「アメリカに明るい材料が見えたぞ!」詳細はこちら

アメリカ経済の回復はまだ遠いのか?

来週、13日には重要指標のスケジュールはないのですが、14日と15日にはアメリカやユーロ圏で多くの重要指標が発表されます。ドイツには暗い材料が見られるものの、イギリスやユーロ全体には明るい材料がありそうです。さっそく、1つ1つを確認していきましょう!

「アメリカ経済の回復はまだ遠いのか?」詳細はこちら

米ドルとユーロ以外では回復の兆しが…

米ドルとユーロが円に対して安い水準で推移していますが、オーストラリアやカナダ、ドイツなどは順調に国内経済の回復が進んでいると思われます。円高是正のための本丸は「アメリカ経済の回復」なのですが、1歩1歩、「周りから攻めていく」という意味では、周辺国の経済回復にも期待したいものです。

「米ドルとユーロ以外では回復の兆しが…」詳細はこちら

米の失業率次第で80円割れもあり得る!?

さて、今週末は非常に重要な指標が待ち構えています。アメリカの失業率が発表されるのですが、その前哨ともいえる米ドルやユーロの様々な指標と併せて、今後の為替の動向を分析してみましょう。

「米の失業率次第で80円割れもあり得る!?」詳細はこちら

今週のユーロも暗いのか…?

ドル安だけでなく、対円でのユーロ安も非常に深刻な状態です。具体的な対策が日本政府から見えてこないため、やはりユーロ圏の経済回復に期待を寄せるしかないのですが…

どうやら、まだ明るい材料はほとんど見えてこないのです。そんな30日と31日の重要指標を確認していきましょう!

「今週のユーロも暗いのか…?」詳細はこちら

イギリスとドイツの「合わせ技」に期待!

さて、まだまだ円高基調が続いていますが、アメリカとEU圏への経済的な信頼回復こそ、円高基調に歯止めをかける最大の要因と言えます。またそれと同時に、日銀や日本政府の、世界への強いメッセージも求められるのです。
そんな状況の中、26日と27日の重要指標とともに、今後の為替を見極めてみましょう!

「イギリスとドイツの「合わせ技」に期待!」詳細はこちら

今週はアメリカにとって暗い1週間なのか…?

先週は、多少は米ドルも円以外の主要通貨で強い動きを見せましたが、今週もその動きは続くのでしょうか?しかし、どうやら各指標の予想を見ていると、今週のアメリカには「良い材料」があまり見当たらないのです…

「今週はアメリカにとって暗い1週間なのか…?」詳細はこちら

19日は「ポンド円」と「ユーロ円」に注意!

明日、19日はイギリスで小売売上高指数の前月比と前年比が発表されます。ポンドに直接影響するだけでなく、ポンドに連動しやすいユーロへの影響も心配されています。このところ、対円・米ドル・ポンドで大きく値を下げているユーロであるだけに、ユーロ円の今後にも何らかの影響が出そうな気配がします。

「19日は「ポンド円」と「ユーロ円」に注意!」詳細はこちら

8月16日は重要指標が目白押し!

明後日8月16日には、アメリカ・ユーロ圏・日本の「世界3大市場」を抱える国や地域で、非常に重要度の高い指標が発表されます。午前8:50の、日本の「第2四半期実質GDP」から始まり、ユーロ圏の「消費者物価指数」、アメリカの「対米証券投資」など、今後のドル買いが進むかどうかも注目されますので、ぜひチェックしておきましょう!

「8月16日は重要指標が目白押し!」詳細はこちら

アメリカの「無策ぶり」は続くのか!?

8月10日、FOMCで金利据え置きが発表されましたが、それ以外の注目ポイントも見当たりませんでした。そんなFRBに対して、「無策を続けるのか!?」という投資家からの風当たりが強くなっています。

そんな無策から脱却できるかどうか、今夜の「貿易収支」に着目し、また、明日12日にオーストラリアで発表される重要指標につても確認しておきましょう!

「アメリカの「無策ぶり」は続くのか!?」詳細はこちら

9日の日本発の重要指標を紹介&分析!

日本円は独自要因の少ない通貨だと言われていますが、それでも世界に対して強い影響力を持った指標は存在しています。9日には、そんな指標の3つが発表されますので、ぜひ確認して相場の行方をチェックしておきましょう!

「9日の日本発の重要指標を紹介&分析!」詳細はこちら

8月6日は重要指標のオンパレード!

今夜は1カ月の中で「最も熱い夜」になるかもしれません。米雇用統計を始め、カナダの雇用統計、ドイツの鉱工業生産など、絶対にチェックしておきたい指標が目白押しなのです。
どのような結果になりそうなのか、予想値とともに確認していきましょう!

「8月6日は重要指標のオンパレード!」詳細はこちら

ドル円の今夜は忙しくなるぞ!

今夜はADP雇用統計など、ドル円に大きな影響を及ぼす指標が発表されます。とくに、ADP雇用統計はNY市場オープン前に発表されますので、発表される数値によっては取引開始直後から大きな動きが生まれるかもしれません。

「ドル円の今夜は忙しくなるぞ!」詳細はこちら

※こちらのランキングは、取引コスト、スワップ、通貨ペア、レバレッジ、情報、注文機能、モバイル(アプリ)対応、管理人による評価の総合評価になります。