FX 業者 比較 - 初心者のための入門!! > FX会社の比較を徹底的にやりました!!業界一細かく検証!! > FXCMジャパン証券のスプレッド、スワップ、通過ペアなどを徹底解説

FX会社の比較を徹底的にやりました!!業界一細かく検証!!

FXCMジャパン証券のスプレッド、スワップ、通過ペアなどを徹底解説

スワップポイントで人気のFXCMジャパン証券。しかし、その他のサーボスはどうなっているのでしょうか"徹底的に分析してみました!


FXCMジャパン証券を徹底比較



FXCMジャパン証券も人気FX業者の1つですが、具体的にどの部分が有利で、どの部分が他社と比較して不利なのでしょうか"

さっそく、メリット&デメリットの両方を徹底的に分析していきましょう。

----------------------------------------------------------

FXCMジャパン証券のメリット&デメリット


まず、FXCMジャパン証券と言えばスワップポイントの高さで有名です。この部分はメリットとして受け止めて良いでしょう。

以前より、この業者では長期トレードをする人が多いんですね。

最近では、高いスワップ金利を打ち出す業者も多くなってきましたが、FXCMジャパン証券ではこんなことも可能です。


■スワップポイントだけを出金
■外貨同士のペアの場合も、決済時に自動円転


さて、この条件から見えることは、


★大きな規模でのスワップポイント狙いに有効
★外貨同士でのポジションを持つ人に有効

ということです。スワップポイントの利益分だけを出金できるのはメリットなのですが、通常、スワップポイント用のポジションは規模が小さいですよね"

したがって、大きな規模、数百万円以上と言えますが、この程度の規模でスワップ金利を狙いに行くなら、FXCMジャパン証券は有効と言えるでしょう。

一方、スワップポイントを建てない、あるいは規模が小さい人にとっては、それほど大きなメリットにはならないと言えます。

また、外貨同士の通貨ペアでの取引が多い方にとっては、自動円転のサービスは欠かせません。ところが、ここにもメリットとデメリットが見えるのです。


自動円転のメリット⇒円転の手間がかからない
自動円転のデメリット⇒スプレッドの広がりで損失が生まれるかも…

上記の通り、自動円転では、いちいち日本円に両替する手間が必要ありません。つまり、金銭的なメリットではなく、「便利」というメリットがあるのです。

一方、自動円転の場合、「その時点のレート&スプレッドで行われる」のです。「その時点のレートで」は理解していても、「その時点のスプレッドで」を忘れている方が多いようですね。

仮に、「ドル建て」で「米ドル/ユーロ」のポジションを持っていたとします。決済した時点で「米ドル」があなたの手元に残りますよね"そして自動円転を利用しているなら、米ドルではなく、自動的に「米ドル⇒日本円」になって返って来ます。

この時、ドル円のスプレッドが広がっていればどうでしょうか"余計なコストがかかるだけでなく、最悪のケース、利益のほとんどが吹っ飛んでしまうことにもなります。また損切りで決済した場合は、さらに損失分が広がってしまう可能性もあるのです。

また、FXCMジャパン証券に見えるデメリットの1つに、

スプレッドの広がり幅が少し大きい

というものがあるのです。FXCMジャパンの基本的なスプレッドとしては、ドル/円0.6銭、ユーロ/ドル0.9pipsなどなので、「頻繁に拡大する」というわけではありません。あくまでも、「広がった時の広がり幅が大きい」ということなのですが、自動円転を利用する際には、必ずレートだけでなく、スプレッドも見るようにしておきましょう。

では、肝心のスプレッドはどうなっているのでしょうか"公式サイトより抜粋してみました。

forelandtwo.JPG

以前であれば、「ドル/円0.6銭、ユーロ/ドル0.9pips」は大きなメリットでしたが、今では珍しい数字ではありませんし、ポンド円で「10.5pips」はちょっとキツイですね…

ポンド円は、「通貨のじゃじゃ馬」と言われるほどに変動幅が大きく、FX初心者には向かないペアなのですが、「短い期間で大きな利益が狙えるペア」とも言えるんですよ。ものすごい利回りを達成されている兵(つわもの)の中には、ポンド円で取引されることも多いんですね。

また前述の通り、指標発表時などのスプレッドの広がりが他社と比較して大きく、


■指標発表時など、混雑時には取引しない
■ドル円で主に取引している

この2つの条件に当てはまるなら、FXCMジャパン証券でデイトレ用の口座を作ってもよさそうです。

次に通貨ペアの数ですが、2012年5月現在で「39通貨ペア」となっています。以前と比較して通貨ペアはだいぶ充実してきた印象がありますね。もちろん主要ペアはそろっています。

また、信託保全は野村信託銀行で「100%超」ですので、こちらに関しては何も心配する必要はないでしょう(下図:自己資本規制比率)。

forelandfive.jpg

自己資本規制比率とは、「経営に関する金銭的なリスクに耐えられるだけの体力」を数値化したものであり、一般的には、140%程度あれば「当面は大丈夫」ということになります。その意味でも、500%超に心配する点はないと考えられます。


----------------------------------------------------------

いかがでしょうか"それでは、FXCMジャパン証券の「メリット」と「デメリット」の復習をしておきましょう。


メリット
★スワップポイントが高い
★分析チャートはプロ仕様(初心者では使いこなせないかも…)
★最低取引通貨単位が1000(スタンダード、MT4、ミラートレーダー口座)



デメリット
★スプレッドが広がった時の広がり幅が大きい
★スプレッド自体にメリットは見られない
★デモトレードがない

スワップポイントが高いため、大きな規模での金利狙いには適した業者と言えそうです。しかし、スプレッドでのメリットが大きくないので、メインの口座として使っていくには工夫が必要と思われます。


この記事をtwitterに投稿する
はてなブックマークに追加
Subscribe with livedoor Reader
初めてこのブログをお読みになられた方へ。もし記事の内容を気に入って頂けましたら、ぜひ一度RSSリーダーにご登録いただければとと思います。これから皆様方により喜んでいただける記事を目指してまいります。